個展を終えて

日本橋三越にての個展が終了しました。
たくさんの方々にお越しいただき、おかげさまで盛会のうちに終了することができました。
特にギャラリートークの際には、台風の影響で天候不良だったにもかかわらず、多くの方で盛り上げていただき、スピーチ・質問コーナーなど本当に楽しい時間となりました。心から感謝したします。

この展覧会では、約三年前から温めていた作品を発表しました。
個展会場に並び、皆様の目にふれ、アトリエで見慣れていた作品もまた新たな輝きをみせてくれたように思います。

この度の皆様の励ましを糧に、これからもより精進していく所存ですので、どうかよろしくご支援賜りますようお願い申し上げます。

最後になりましたが、三越の皆様の気持ちの良いご対応、ご協力、ありがとうございました。 
                          池田清明

=================================

個展が終了し、ほっと一息。
方々よりお運びくださった皆様、諸先生方、本当にありがとうございました。
また、遠方で上京はかなわなかった友人の皆様にも、関東のお友達にハガキをお送り下さったりとたいへん温かいご協力を賜りました。
三越での初の個展を成功させることができましたのも、皆様のご支援のお心あってのこと、家族皆心から感謝しております。

父の文章にもありましたように、このたびの個展に向けて、約三年前より準備をしてまいりました。
絵から自然の清清しさと優しさを感じてもらえる展覧会にしたい。
日本橋三越という老舗デパートでの個展、私が想像するところの三越というデパートのイメージ(伝統を大切にする正統派デパート)からしても、きっと父の作風は合うだろうとはりきっていました。

個展開始の前日、壁に掛けられ、スポットを浴びた作品達は、晴れの舞台にたちとても頼もしく見えました。
アトリエにあり、父がまだ修正を施すかもしれないという状況ではなく、ガラス入りの額縁に入って、立派に一人たたずんでいます。
皆様に見ていただく準備が整った今が完成なのかな、と妙に納得。

写真はギャラリートークの様子。家族応援型。
ギャラリートークの様子。

学校の先生をしていたんだからきっとその場の雰囲気で上手く話すだろうと過信した父は、多くの人で緊張してしまったのか。。。

「話し手ではなく絵描きさんなんだから」や「それもまた自然で先生のお人柄です」などと皆様からの温かいお言葉をいただくことに。
しかし質問コーナーでは多くの手が上がり盛り上がりました。

質問コーナーでは絵を描かれている方からの質問が多く、皆様とても勉強熱心にメモをとったり。

たくさんのお客さんで賑わって嬉しかったです!

この方の質問は、踊りやバイオリンなどの一瞬のポーズをとらえた絵の場合、写真を使っているのかどうか、写真をつかってもいいのかという質問です。
父の答えは、写真を参考にすることもあるし、写真を使う場合はうまく写真を使いましょうということ。

写真は3次元の形を正確に2次元に写すもの。大いに参考になるところもあるのです。
しかし注意しなければならないのは、あくまで写真はカメラの目。
そして人間の目はカメラの目とは違うということ。
具体的な例の一つとして、人間の目が捉える色はカメラの捉える色とは大きく違う場合がほとんどです。その光と影の強さの感じ方も違う。また、人物を写す場合など、少しの角度で頭が大きく写ったり足が長く写ったり。
対象を写すということだけでもこんなに注意点があるのです。
そして実物を前にした感動と、写真を前にした感動が違うのは写真の最大の弱点です。

ご来場いただいた皆様と出会い、お話させていただくのは本当に楽しく、一週間は瞬く間にすぎていきました。
絵を見てくださった皆様の表情、お言葉ひとつひとつに励まされ、勉強させていただきました。そして皆様に絵を見ていただく悦び、達成感はとても大きなもので、父にとってこれからまた元気いっぱいに絵を描く糧となります。

最後になりましたが、三越の皆様、たいへんお世話になりました。
作品を生み出すということや、それを披露すること、そしてまた手放すということ、絵描きが展覧会をするときにはいろんな想いが溢れます。
展示をしてお客様に紹介するという仕事だけでなく、
そのようなことを一生懸命理解しようとしてくださり、私達はとても満たされた気持ちで展覧会を終了することができました。
その気持ちはお客様にもきっと伝わっていることと思います。
ありがとうございました。

[

at 08:11, 初絵, 展覧会

-, -, - -

池田清明展 2008 in 日本橋三越

池田清明油絵展
日常性の中の小さな華やぎ

会期/2008年9月16日(火)〜22日(月)最終日は午後4時30分閉場
会場/日本橋三越本店本館6階美術特選画廊

案内状 『ピンクのショール』

三越ご案内文
このたび、日本橋三越本店に起きまして日展、一水会でご活躍中の池田清明先生の初絵個展を開催いたします。二人のお嬢様の成長を見守り、描き続けられてこられた池田先生の女性像は、対象への尽きせぬ愛情と幸福感が滲みでており、その可憐な表情の清純さと凛とした強さを感じさせる美しさは観る者を惹きつけてやみません。ぜひこの機会に池田清明油絵展をご高覧下さいますようご案内申し上げます。

いよいよ東京・日本橋三越での池田清明展が近づいてきました。
久しぶりの東京での個展、また三越で開催するのは初めてです。
約3年前に個展の開催が決まって以来、こつこつと描きためた作品、41点の展示となります。
人物画を中心に、風景、静物の作品を展示いたします。

人物画は、父のライフワーク、この度は全て私と妹の沙絵子がモデルの作品です。
一同に並べてみると姉妹の性格や、趣味の違いがわかるようです。
最近はモデルの私達も衣装を提案したり、ポーズを提案したりすることが多くなり、いい絵が出来るようにと競い合っています!

風景画は、父がアトリエで絵を描くのに疲れたらリフレッシュしてくると言って出かける、父にとっては楽しみながら描く絵です。
奈良の斑鳩、信州の白馬、冬の富士山は父のお気に入りの写生地です。
また、一昨年のイギリス旅行での作品も数点展示いたします。

静物は、季節の果物や、庭に咲くバラ、近所の桜など。
静物画というと、ビンや果実や本などを組み合わせた作品をイメージしますが、父の作品はご覧のように果物や、花そのものを主題としたものです。
知人が送ってくださるりんごや葡萄、自身が大好きなイチジク、庭で育てたバラなど、人間の気持ちも合わさってより輝いて見える、その時々に一番描きたいものをシンプルに描くのです。
父は良く言うと、素直な人、おもしろく言うと単純明快な人、絵も、複雑なことは考えず“自然を師とする”父の目線そのものです。四季のある日本では、お床に季節やテーマに合わせた絵や書の掛け軸をかけてお客様をお迎えするというお作法がありますが、まさに父の静物・風景は、その感覚にぴったりです。

カメラマンの樋口憲二さん。渡辺謙似の男前。

上の写真は、展覧会の作品を掲載した小画集をつくるための撮影会です。
お天気の安定した日を狙って、いつもお願いしているカメラマンの樋口憲二さんに来ていただきました。通常、絵画の撮影は外からの光を遮断した部屋で、人工照明によってとることが多いのですが、父の作品は自然光での撮影が一番本物に近い色合いが出ます。絵と共に印刷会社へ送り、色、コントラストに注意していただいて、なるべく実物に近い印象をと校正をしていただいて出来上がりました。

人物、静物、風景、29点の掲載です。

父も私も満足のいく作品集となりました。
図録の果たす役割はとても大きいのですが、でも、やっぱりどんなに苦労しても展覧会では、
「図録では見ていたけどやっぱり本物がいいわね〜」といわれるのです。。
嬉しいような、悲しいような。。
だからホームページを見てくださっている皆様、どうぞ本物を見に来てくださいませ!

三越展では、会期中家族で会場に出る予定をしております。
どうぞよろしくお願いいたします。
池田清明ギャラリートーク 20日土曜日 午後2時〜 会場にて

at 11:21, 初絵, 展覧会

-, -, - -

2008年一水会展

次女の沙絵子です
また、そう時間の経たないうちにブログを書こう...と思っていたのですが、あっという間に月日は流れ、また大作の季節になってしまいました。

今年は、9月の東京三越での個展準備、9月の一水会展・11月の日展の絵の制作、日展審査員、一水会事務所など、父にとってはとても忙しい夏になりそうです。
だから少し早めに一水会展の制作を始めようと、6月から構想を練り始め、下旬には真っ白のキャンバスに筆がはいりました。

今回のモデルはフラメンコではなく、絵を描いている姿です。
ここ何年か、私の大好きなフラメンコを題材に絵を描いてもらっていましたが、実は私は大阪芸大の日本画学科を卒業しているのです。

今日は葡萄をモチーフにして

ポーズをするときは、花やフルーツを用意して持っていき、スケッチをしています。モデルをしながら私も楽しめる一石二鳥。
父も「うまいこと描くなぁ」と褒めてくれるもんだから、私もウキウキと筆がはしります。

でも父があまりにも褒めるから、私は冗談で「褒めて育てることにしたの?」と聞いたら、父は「なんでわかったの?」だって...

それでも機嫌よくスケッチしている私がいるから成功ですね。

赤いすもも達のかわいくころがる姿

制作の方はまだまだ半ばですが、日々頑張っていますので、楽しみにしていてくださいね。

at 19:14, 初絵, 人物画

-, -, - -

イギリス写生旅行(コッツウォルズ) Part.3

イギリス写生旅行記 Part.1Part.2まだ読んでいない人はこちらをクリック)に続いて・・・

昨年の今頃はイギリス写生旅行の準備をしていたなぁと思い返してブログを開いてみると、私って、なんてうっかりはちべえ、旅行記を完結するのを忘れてしまっておりました。今さらですが、遅ればせながら。。

コッツウォルズを後にした池田清明スケッチツアーの締めくくりは、ロンドン。
ロンドンと言えばやっぱりこれですね。



少しお天気があやしかった午後、タワー・ブリッジを4号におさめました。

この絵を描いているときに起こった、ちょっとしたハプニング!!
タワー・ブリッジがちょうどいい角度で見える場所にイーゼルをたてて、はりきって描き始めると、ポリス(警察)がやってきました。厳しい表情で何か言ってきます。どうやらこの場所で絵を描いてはいけないといっている様子。しょうがなく父と生徒さんたちは、パレットをたたみイーゼルを片付け始めました。以前の旅行でも、この辺りで絵を描いたのにと、父は腑に落ちません。。
するとちょうど添乗員さんが戻って来て、ポリスに詳しく話をしてもらうと、ここは商売禁止地区とのこと、つまりポリスは父たちが実演販売をしていると思ったらしいのです。
晴れて誤解はとけ、またイーゼルをたてなおして制作再開となりました。

さて、私達の宿泊したホテルのとなりは、リージェンツ・パークという広大な敷地の公園です。

ロンドンの数ある公園のうちでも最も美しい公園と言われているそうで、よく手入れされた芝生は青々と、花壇には季節の花々が色彩豊かに植えられ、池ではかわいい水鳥たちが遊ぶ、とても素敵な公園でした。
その中に、クイーン・メアリーズ・ローズガーデンという、すばらしく豪華なバラ園があります。さすがガーデンの国、イギリス、400種類ものバラが植えられているそうで、甘い香りも大きさも見事!

素晴らしいバラの芳香にうっとり

一輪のバラもすばらしい、群生したバラもまた見事



日光浴をしたり、読書をしたり、ロンドンの人々が思い思いに憩いのときを過ごしていました。

お父ちゃんたちの憩い

絵を描き終わって一休みの父です。あれあれ、隣も隣もみんな男一人で憩っている。。


建物も内装も素敵な美術館

ロンドンでは、ナショナルギャラリーのほかに、今回初めてコートールド・ギャラリーを訪れました。印象派の名画が数多くコレクションしてあり、またその建物や内装もイギリスらしい、とてもいい美術館でした。
ルノワールの名作を眺める父と沙絵子。

ナショナルギャラリーではレンブラントの作品にみなぎる渾身の力に感動し、コートールドではルノワールのやわらかい色気にポッとなる父でした。

今回も、楽しい思い出と、9枚もの作品とともに無事に旅行を終えることができました。同行した教室の皆様には、みんなで仲良く盛り上げてくださり、本当にありがとうございました。また、私達の希望に尽力してくださり、臨機応変な対応をしてくださったJTBの方、添乗員さんに感謝いたします。

 −完−

P.S
父が絵を描いている間、私と妹と母は三人でショッピング〜♪
戦利品はコチラの白いドレス↓


2007年 日展 巡回予定はコチラ









at 21:33, 初絵,

-, -, - -

春風の花を散らすと見る夢は覚めても胸のさわぐなりけり(西行)

春霞の東大寺、花吹雪の中で描きました。
去年の桜散る頃、父が写生から帰ってきて、描いてきた絵を見せてくれました。白っぽいもやもやした絵だなーと思いました。

今、あらためて見てみると、この絵は、春風の匂いにつつまれた、あたたかい空気が胸いっぱいに広がるような絵でした。

散りゆく花びらのなかに、本物の花びらが混じっています。
わかりますか?→拡大画面で探す。絵をクリックしていってください。

春の日のいい匂いまで画面にとどまりますように

世の中に たえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし(在原業平)

訳:もしこの世の中に、まったく桜というものがなかったならば、さぞかしのんびりした心で春を過ごせたであろうになぁ。桜のことが気になって仕方がない。桜とは心騒がせるほど美しい。

少し違う意味ですが、父も桜を描くのに大忙しの今日この頃です。

器の柄は筍ですよ。ゴ○○○ではないですよ。

桜の花びらの微妙な色合い、その薄さを表現するのが難しいそうです。

優しい色合いでまとめて

at 14:54, 初絵, 風景画

-, -, - -

母子像

昨年春、故郷の笠岡第一病院が増築されて、ロビーが新しくなりましたそのロビーに絵をかけたいとのことで、院長先生よりお電話を頂戴しました。
病院のロビーという大きな場所なので、50号くらいの作品をとのことです。
どんな絵をかけたら、病院の方々や患者さんたちが喜んでくださるだろうと考えました。
ちょうどその頃、姫路の画廊での母子像展のためのいい作品ができたばかり、あっ!とひらめきました。



命の現場である病院に、母子像という、究極の愛と生きる力をテーマに描いた作品は最適ではないか。
姫路の展覧会での作品は、10号の小さな作品でしたが、もう一度モデルになってくれた母子にお願いして、同じような構図で50号の大作を描くことにしました。

姫路の森画廊の森崎さんに母子像をと頼まれて、ちょうどいい赤ちゃんを探していると、2ヶ月前に娘さんに赤ちゃんが産まれたという方がおられました。
あるお天気の良い日、娘さんと、まだ首の据わらない赤ちゃんを車に乗せて、アトリエまで連れて来てくださいました。
赤ちゃんは男の子、とても大きな赤ちゃんでした。
陽(まお)くんと名付けられたその名の通り、落ちそうなほっぺたをプルプルさせていつもご機嫌に笑います。

いつもご機嫌さんのかわいい陽(まお)くん

母子像といえば、やはり乳をやる姿がいいものです。ですが、他人の娘さんに目の前で乳をやってくれとはなかなか言えません。。
すると、その知人の方も絵を描かれるので、娘さんも絵にとても理解があり、恥ずかしがらずにすすんで乳をやる姿を描かせてくださいました。

私が、父の代わりに、恥ずかしくないですか?いいですか?と聞くと、
「授乳マシーンですから大丈夫!」と、おもしろく言って下さり、
その気さくな対応で、とてもなごやかな楽しい雰囲気ができました。

天使ちゃん

最初に来てもらったときは、まだ与えられるがままにおとなしく乳を飲んでいたまお君でしたが、二作目を描き終える頃にはもう、自分からせがむように勢いよく飲むようになっていました。
日々成長する赤ちゃんとは、見ていて本当にたくましいものです。

絵を描いているときに父が驚いたように言いました。
「赤ちゃんとはよく言ったものだ。肌の色がお母さんと比べるととても赤い。」
パレットの上で肌の色をつくっているとその違いがよくわかるようです。



姫路の画廊での母子像展に見にこられた産婦人科の先生が、この絵を見て、
お母さんが赤ちゃんの手を握ってあげているのが、とても自然で真実味があると言ってくれたそうです。授乳時に手を握ってあげると赤ちゃんは安心するそうで、まお君とお母さんの自然なしぐさをそのまま描いただけに、お母さんの愛情が絵に写ったのですね。

笠岡第一病院のロビーに絵がかけられた様子です。理事長先生ご夫妻と記念写真を撮りました。

右が、優しい理事長先生、左が小児科医の奥様。中は父と母です。

手前がロビー、患者さんたちは絵の前を通って病棟や診察室に行きます。

広々とした病院ロビー


ちょっと大きくなったまお君。 ほっぺは健在です。

at 22:50, 初絵, 人物画

-, -, - -

いつまでも美しく

ある方からお手紙をいただきました。お友達である女医さんの肖像画を描いてほしいということです。

その方は父に、
「とっても華やかな女医さんで、先生の絵になったらどんなにか素敵だろうと思いまして、提案いたしました。」と。

そして女医さんには、
「それはそれは素敵な女性像を描かれる絵描きさんがいらっしゃるので、先生の肖像画を描いてもらうことができたら夢のようですね。」
とおっしゃって下さったそうです。

お手紙が届いたのはとてもタイミングのいい頃、ちょうど日展と一水会の制作が終わる頃のことでした。
夏から初秋にかけて、二つの展覧会に出品する絵を集中して描くために、父は他の絵を一切描きません。
夏の制作が終わる頃は、ちょうど精神的にも余裕ができ、アトリエから抜け出して新しい仕事がしたいときなのです。

お会いするとびっくり、肌が透けるように白く、女優さんのように美人な女医さんでした。
また、肖像画の実現を大変に喜んでおられ、クリニックでの白衣姿を一枚と、おうちでの普段着のお姿を一枚、合計二枚の絵を描くこととなったのです。じっとしてることには慣れませんとおっしゃりつつも、一生懸命モデルをしてくださいました。

『Dr.Yoko』

拡大画面で見る

『照葉(てりは)』

拡大画面で見る

「照葉(てりは)」とは、秋の季語で、
〜葉が木の紅葉したものが日光に美しく照り映えていること〜
という意味です。描いた季節、そして先生のお名前、葉子さんにちなんで。
そして、大学生の息子さんがいらっしゃるとは思えない若く美しく輝いているお姿からタイトルをつけました。

明るく清潔なクリニックのロビーにて、絵の披露パーティーがありました。ご紹介いただいた方も東京から駆けつけてくださり、そして先生のご主人様とお友達、従業員の方々、うちも家族でおじゃまして、楽しい会となりました。
   
先生の横に写っておられるのがご主人様です。
おしゃれで素敵なご夫婦でしょう。

先生のようにいつまでも美しくいたい方はこちら(笑)↓
http://www.hashikata.com/

at 19:24, 初絵, 人物画

-, -, - -