<< 日展長崎展のポスター | main | 鎌倉へ >>

ルナレス

モデルが辛かった・・ねじりポーズ!

ご無沙汰している沙絵子が書いております。 この絵のモデルです。いつもホームページを見てくださっている皆様。ありがとうございます。 今年も、蒸かしたサツマイモが美味しい季節になりました。私は塩とバターでいただくのがとっても好きです。

さて、9月の終わりから始まりました一水会展、東京会場での展示が先日終わりました。 足を運んでくださった方がメールで感想をくださったりして、とても嬉しく拝見しております。ありがとうございます。 今年の作品、「ルナレス」は、衣装から水玉模様という意味の題名になりました。 フラメンコの衣装では水玉模様は定番でよく使われます。可愛いですよね。
ちなみにスペインではこの水玉模様はホクロの象徴なんですって。ホクロのある女性は魅力的だと言われているからだそうですよ。

今回の衣装は、百号の大作用に私が探してきました。ですが最初に父に見せたときは、とても否定されたんです。「派手過ぎて虫みたいだ」「ダメダメ趣味じゃないよ」なんて…
なので他の衣装でいろいろ試行錯誤しましたが決まらず…
諦めきれなかった私はもう一度今回の衣装を着てみました。
すると父は「おっ!」と反応♪
なんだかモダンなところが新鮮に思えるようになったそうです。

こんな風に衣装が決まると、私の感性が新しいスパイスになるかもしれないとワクワクしました。
観てくださった方はどんな印象をもたれましたか?

展覧会場で作品を見て、絵を観てくださる方に少しでも明るい気持ちや元気を届けられたらステキだなと思いました。

これから一水会は大阪・名古屋と巡回して参りますので今年もまたたくさんの方に観ていただけますように。
よろしくお願いいたします。

お知らせ
「一枚の絵」11月号・12月号
   連載中の<池田清明絵画講座>にて製作過程を掲載します。

at 20:19, 初絵, 人物画

-, -, - -