<< イギリス写生旅行(コッツウォルズ) Part.3 | main | 池田清明展 2008 in 日本橋三越 >>

2008年一水会展

次女の沙絵子です
また、そう時間の経たないうちにブログを書こう...と思っていたのですが、あっという間に月日は流れ、また大作の季節になってしまいました。

今年は、9月の東京三越での個展準備、9月の一水会展・11月の日展の絵の制作、日展審査員、一水会事務所など、父にとってはとても忙しい夏になりそうです。
だから少し早めに一水会展の制作を始めようと、6月から構想を練り始め、下旬には真っ白のキャンバスに筆がはいりました。

今回のモデルはフラメンコではなく、絵を描いている姿です。
ここ何年か、私の大好きなフラメンコを題材に絵を描いてもらっていましたが、実は私は大阪芸大の日本画学科を卒業しているのです。

今日は葡萄をモチーフにして

ポーズをするときは、花やフルーツを用意して持っていき、スケッチをしています。モデルをしながら私も楽しめる一石二鳥。
父も「うまいこと描くなぁ」と褒めてくれるもんだから、私もウキウキと筆がはしります。

でも父があまりにも褒めるから、私は冗談で「褒めて育てることにしたの?」と聞いたら、父は「なんでわかったの?」だって...

それでも機嫌よくスケッチしている私がいるから成功ですね。

赤いすもも達のかわいくころがる姿

制作の方はまだまだ半ばですが、日々頑張っていますので、楽しみにしていてくださいね。

at 19:14, 初絵, 人物画

-, -, - -