昔のモデルさん達

先日、嬉しいメールをいただきました。
父がまだ20代の頃、美術教師をしながら絵を頑張っていた頃の教え子のY君からでした。
池田清明のホームページを見つけて、“先生に書いてもらった絵を大切にしています”と
言葉を書き込んでくださったのです。

お名前のみでメールアドレスがなかったため、お返事ができず、
このブログで父からのメッセージを書かせていただきます。

「うわー!! 嬉しいなあ!Y君、もちろん君のことよく覚えているよ。
もう30年以上前になるな。記録によると昭和55年、私もまだ20代だった。
けっこうしんどい学校だったけれど、今ふりかえると楽しいこともたくさんあった。
放課後、君達のクラブ活動が終わって夜、美術教室でラグビー部の生徒達をよく描いた。
その最初にモデルをしてくれたのがY君だった。
練習後の疲れた時間によく付き合ってくれたな。ありがとう。
真っ黒に日焼けした高校生ラガー、その新鮮な印象がよく表現された、良い絵ができたと思う。(我ながら・・)
堺市展に出品して賞をもらった。あれから、ラグビーシリーズを何作も描いた。
皆勉強は苦手なやんちゃ坊主だったけど、本当にいいヤツばかりだった。
君は今どうしている?もう50になるか、いい歳だな。
当時の友達とはまだ付き合いがあるか?
私のことはHPで見て知ってくれているのだろう。
40年暮らした大阪から鎌倉に引っ越して3年になる。
でも今も絵の関係で月に一回のペースで大阪に通っているよ。
また一度皆に会いたいな。私も忙しくしているけど、大阪に行った時に一緒に飲もうか。」


49歳で教員を退職するまでの25年間、教師をする傍ら、一生懸命に絵を描いてきた父。
それには、長時間モデルにつきあって下さった生徒さん達の支えがあったからこそでした。
皆、描かれることを喜んで、創作意欲を与えてくれる。
当時のことだから、コーヒーとお菓子をふるまったくらいでしょうが・・。
そんな恵まれた人物画家はなかなかいないと思います。
モデルをしてくれた生徒達には感謝してもしきれないと父はよく言っています。


今は娘の私たちがモデルを務めているのでわかるのですが、
絵がうまくいっていない時はとてもイヤ〜な空気。
ましてや、昔は技術的にも未熟なため一枚の絵を仕上げるのには一進一退の苦労があったはず、
モデルの方もそれに付き合って本当に大変だったと思います。

今でも個展が開催されると、懐かしい顔を見せて下さいます。
それは、モデルになった生徒さん達だけでなく美術部の方々や、その家族の皆様まで。
父は、本当にいい人達に囲まれた半生だったんだなとありがたく思います。



 

at 18:15, 初絵, 人物画

-, -, - -

ルナレス

モデルが辛かった・・ねじりポーズ!

ご無沙汰している沙絵子が書いております。 この絵のモデルです。いつもホームページを見てくださっている皆様。ありがとうございます。 今年も、蒸かしたサツマイモが美味しい季節になりました。私は塩とバターでいただくのがとっても好きです。

さて、9月の終わりから始まりました一水会展、東京会場での展示が先日終わりました。 足を運んでくださった方がメールで感想をくださったりして、とても嬉しく拝見しております。ありがとうございます。 今年の作品、「ルナレス」は、衣装から水玉模様という意味の題名になりました。 フラメンコの衣装では水玉模様は定番でよく使われます。可愛いですよね。
ちなみにスペインではこの水玉模様はホクロの象徴なんですって。ホクロのある女性は魅力的だと言われているからだそうですよ。

今回の衣装は、百号の大作用に私が探してきました。ですが最初に父に見せたときは、とても否定されたんです。「派手過ぎて虫みたいだ」「ダメダメ趣味じゃないよ」なんて…
なので他の衣装でいろいろ試行錯誤しましたが決まらず…
諦めきれなかった私はもう一度今回の衣装を着てみました。
すると父は「おっ!」と反応♪
なんだかモダンなところが新鮮に思えるようになったそうです。

こんな風に衣装が決まると、私の感性が新しいスパイスになるかもしれないとワクワクしました。
観てくださった方はどんな印象をもたれましたか?

展覧会場で作品を見て、絵を観てくださる方に少しでも明るい気持ちや元気を届けられたらステキだなと思いました。

これから一水会は大阪・名古屋と巡回して参りますので今年もまたたくさんの方に観ていただけますように。
よろしくお願いいたします。

お知らせ
「一枚の絵」11月号・12月号
   連載中の<池田清明絵画講座>にて製作過程を掲載します。

at 20:19, 初絵, 人物画

-, -, - -

「高原の夏」2008日展

第40回日展の作品「高原の夏」です。
昨年2008年11月に六本木の国立新美術館から始まり、ただいま名古屋に巡回中です。→巡回スケジュールはこちら



長野県、蓼科高原の夏はとても爽やかでした。
夏真っ盛りの8月ですが、薄手のブラウスに綿のボレロジャケットを羽織った衣装では寒いくらいです。
朝、あたりがすっかり明るくなった頃から、太陽が木漏れ陽を落としながら昇っていき、やがて森の木の高さを超えてしまう午前11時くらいまでが仕事の時間です。

朝、真っ暗な森に太陽が差すと、緑の楽園になるのです。

以前は屋外にモデルを据えて大作の製作もありましたが、ここ最近はずっと室内でしたので、久しぶりの屋外制作です。
自然の中で朝の光をあびて仕事を始めるのは、なんと気持ちのいいことでしょう。朝露で濡れた草を分け入って立ち位置につく。湿った草と土の感触はやわらかく、深呼吸をすると森の生命が胸いっぱいに満たされるようです。今日はどんな風に絵が進むだろうという期待感と緑の中で時をすごす嬉しさがあいまって、とにかく毎日ウキウキ。モデルをすることが本当に楽しかったです。

父はというと、やはり楽しいばかりではなかったのですが・・。

休憩用の温かいお茶のセットも準備OK

120号のキャンバスの中の私は本物の私と同じ大きさです。つまり等身大。


さて、蓼科高原は標高1600メートル、高山植物やめずらしい蝶がたくさんいます。私が手にもっているのはオダマキという高山植物です。小さくて、素朴で、かわいらしい、はかなげな花。

写真はアサギマダラという蝶。

山荘の庭に咲くヒヨドリ花にさそわれてたくさんのアサギマダラがやってきます。

水色の羽に黒と浅黄色の美しい模様、体は白黒の水玉です。
8月の初めにはどんどん増えて、いっぺんに7匹も8匹も私達の周りを飛んでいました。日が高くなり温かくなると起きてきて遊び、また夕方になるとおうちに帰っていくようで、とても可愛かったのです。しかし、お盆前になるとぴたりとその姿が見えなくなり、とても寂しくなりました。

この蝶はなんと渡り鳥ならぬ渡り蝶で、その生涯2ヶ月程の間に、海を越え、沖縄や中国まで2000キロの旅をするそうです。
そして卵を産んで死んでしまうのですが、こんどは生まれた子供が逆のルートを帰ってくるのだそうです。

絵の背景に登場している白い花は、ヒヨドリバナ。上の写真でアサギマダラが蜜を吸っている花です。強い毒の成分を含んでいるそうで、アサギマダラはこの毒の蜜を吸うことで体を毒化し、鳥などに食べられないようにしているのだとか。美しいものには毒があるのです。

アサギマダラが旅に出ると、こんどはとんぼが増えてきました。私は初めて、とんぼは夏でも山にはいて、秋になって涼しくなると里に下りてくるのだということを知ったのです。秋になってから生まれるわけではないことを、そういえば知っていたけど、本当は知らなかったのでした。

「あ!お父さんが描いた森の木にとんぼがとまった!へへへ」
と父が言いました。自然とそっくりに描けたからとんぼがとまったと、帽子の上にとんぼをのせて自画自賛の父に、「お・お・お父様、キャンバスの裏にもとんぼがとまっておりますが。。」とは口がさけても言えませぬ(笑)

屋外での制作は、太陽の影響をもろに受けます。なるべく影響が少ないようにと、人物には日があたらない時間帯を選んで描くのですが、画面全体をそのようにするのは難しく、また、陽の光をうけて輝く葉っぱはとても魅力的です。今、この絵では、画面の左上や、右下の熊笹に日があたっているのがお分かりになるかと思います。
太陽は、背景の木々の色や姿を刻一刻と変えていくのです。
それを写生しようと追いかけて、振り回されて、その変化が魅力的だからこそまた追いかけて、そうしながら画面の中でちょうど良く、また自然な陽のあたり具合を探します。
父は、もともと水面や木漏れ日など変化をするものが好きなので、苦労とは思わないようですが、背景ばかり描く日が何日も続いたのです。

いいえ、私はお休みではありません。
モデルがいて、その後ろに見える背景と、モデルがいない状態で見える背景とは違うのです。

今年も力を尽くし、満足いく絵ができました。
たくさんの方々にご高覧いただけますよう願っています。

涼しいので蚊がいません

こちらは山のアトリエの窓、偶然木の位置や陰影がいいところにきて、一枚の絵のようでしょう。夜になると蛾の標本と化す窓です。。ギャー

今、山のアトリエはこんなかんじ。

山のアトリエは小さなログハウス。






at 18:15, 初絵, 人物画

-, -, - -

「清夏」 2008年一水会

個展が終了した、翌日の9月23日、第70回一水会展へ行ってきました。
今年は「清夏」というタイトルで沙絵子が絵を描いているところの絵です。
沙絵子は、大阪芸術大学の日本画科を卒業して、さらに同大学院も修了しております。
ブログ参照(2008年一水会展←クリック

沙絵子の憧れはミス・ポター(ピーターラビットの作者)

注目ポイントは、絵の中の絵。
つまり沙絵子が描いている葡萄の絵です。
これは実際に沙絵子が描いた絵を父が描いたのです。
ややこしいけど。。沙絵子が描いた水彩画を父が油絵で水彩画らしく描いたということで、その鉛筆の線などもさりげなく表現しております。

やわらかいタッチで水彩画の優しさ、透明感を表現している

約2か月の製作期間の間、テーブルの上のモチーフは何にするか試してみるという目的もあり、とっかえひっかえモチーフを変えて、モデルをしながら沙絵子も絵の練習を積んだというわけです。

タイトルは清明から一字とって「清夏」。沙絵子がつけました。
父の娘として生まれて、絵を勉強し、その姿でモデルになった作品に、
父への想いをのせたタイトルをつけたのでしょう。

「清」という字の意味は、
世俗的なよごれにおかされず純粋である。心が澄んでいる。
という意味です。
写生は絵の原点で、絵を描く中でも特に純粋な気持ちで望むものです。
そしてそれが父のライフワークです。

父が絵を描く姿をみて、私はいつも
「なぜ山に登るのか」と聞かれて「そこに山があるから」
と答えた登山家のジョージ・マロリーの言葉を思い出します。

“男のロマン”や“征服欲”などいろいろな解釈がなされていますが、先ずは山登りが大好きだという純粋な心から出た言葉だと思うのです。
だからとても清々しく、耳に響くのではないでしょうか。

第70回一水会展巡回展(松本・大阪・名古屋・金沢) ←こちらをクリック

at 22:08, 初絵, 人物画

-, -, - -

2008年一水会展

次女の沙絵子です
また、そう時間の経たないうちにブログを書こう...と思っていたのですが、あっという間に月日は流れ、また大作の季節になってしまいました。

今年は、9月の東京三越での個展準備、9月の一水会展・11月の日展の絵の制作、日展審査員、一水会事務所など、父にとってはとても忙しい夏になりそうです。
だから少し早めに一水会展の制作を始めようと、6月から構想を練り始め、下旬には真っ白のキャンバスに筆がはいりました。

今回のモデルはフラメンコではなく、絵を描いている姿です。
ここ何年か、私の大好きなフラメンコを題材に絵を描いてもらっていましたが、実は私は大阪芸大の日本画学科を卒業しているのです。

今日は葡萄をモチーフにして

ポーズをするときは、花やフルーツを用意して持っていき、スケッチをしています。モデルをしながら私も楽しめる一石二鳥。
父も「うまいこと描くなぁ」と褒めてくれるもんだから、私もウキウキと筆がはしります。

でも父があまりにも褒めるから、私は冗談で「褒めて育てることにしたの?」と聞いたら、父は「なんでわかったの?」だって...

それでも機嫌よくスケッチしている私がいるから成功ですね。

赤いすもも達のかわいくころがる姿

制作の方はまだまだ半ばですが、日々頑張っていますので、楽しみにしていてくださいね。

at 19:14, 初絵, 人物画

-, -, - -

母子像

昨年春、故郷の笠岡第一病院が増築されて、ロビーが新しくなりましたそのロビーに絵をかけたいとのことで、院長先生よりお電話を頂戴しました。
病院のロビーという大きな場所なので、50号くらいの作品をとのことです。
どんな絵をかけたら、病院の方々や患者さんたちが喜んでくださるだろうと考えました。
ちょうどその頃、姫路の画廊での母子像展のためのいい作品ができたばかり、あっ!とひらめきました。



命の現場である病院に、母子像という、究極の愛と生きる力をテーマに描いた作品は最適ではないか。
姫路の展覧会での作品は、10号の小さな作品でしたが、もう一度モデルになってくれた母子にお願いして、同じような構図で50号の大作を描くことにしました。

姫路の森画廊の森崎さんに母子像をと頼まれて、ちょうどいい赤ちゃんを探していると、2ヶ月前に娘さんに赤ちゃんが産まれたという方がおられました。
あるお天気の良い日、娘さんと、まだ首の据わらない赤ちゃんを車に乗せて、アトリエまで連れて来てくださいました。
赤ちゃんは男の子、とても大きな赤ちゃんでした。
陽(まお)くんと名付けられたその名の通り、落ちそうなほっぺたをプルプルさせていつもご機嫌に笑います。

いつもご機嫌さんのかわいい陽(まお)くん

母子像といえば、やはり乳をやる姿がいいものです。ですが、他人の娘さんに目の前で乳をやってくれとはなかなか言えません。。
すると、その知人の方も絵を描かれるので、娘さんも絵にとても理解があり、恥ずかしがらずにすすんで乳をやる姿を描かせてくださいました。

私が、父の代わりに、恥ずかしくないですか?いいですか?と聞くと、
「授乳マシーンですから大丈夫!」と、おもしろく言って下さり、
その気さくな対応で、とてもなごやかな楽しい雰囲気ができました。

天使ちゃん

最初に来てもらったときは、まだ与えられるがままにおとなしく乳を飲んでいたまお君でしたが、二作目を描き終える頃にはもう、自分からせがむように勢いよく飲むようになっていました。
日々成長する赤ちゃんとは、見ていて本当にたくましいものです。

絵を描いているときに父が驚いたように言いました。
「赤ちゃんとはよく言ったものだ。肌の色がお母さんと比べるととても赤い。」
パレットの上で肌の色をつくっているとその違いがよくわかるようです。



姫路の画廊での母子像展に見にこられた産婦人科の先生が、この絵を見て、
お母さんが赤ちゃんの手を握ってあげているのが、とても自然で真実味があると言ってくれたそうです。授乳時に手を握ってあげると赤ちゃんは安心するそうで、まお君とお母さんの自然なしぐさをそのまま描いただけに、お母さんの愛情が絵に写ったのですね。

笠岡第一病院のロビーに絵がかけられた様子です。理事長先生ご夫妻と記念写真を撮りました。

右が、優しい理事長先生、左が小児科医の奥様。中は父と母です。

手前がロビー、患者さんたちは絵の前を通って病棟や診察室に行きます。

広々とした病院ロビー


ちょっと大きくなったまお君。 ほっぺは健在です。

at 22:50, 初絵, 人物画

-, -, - -

いつまでも美しく

ある方からお手紙をいただきました。お友達である女医さんの肖像画を描いてほしいということです。

その方は父に、
「とっても華やかな女医さんで、先生の絵になったらどんなにか素敵だろうと思いまして、提案いたしました。」と。

そして女医さんには、
「それはそれは素敵な女性像を描かれる絵描きさんがいらっしゃるので、先生の肖像画を描いてもらうことができたら夢のようですね。」
とおっしゃって下さったそうです。

お手紙が届いたのはとてもタイミングのいい頃、ちょうど日展と一水会の制作が終わる頃のことでした。
夏から初秋にかけて、二つの展覧会に出品する絵を集中して描くために、父は他の絵を一切描きません。
夏の制作が終わる頃は、ちょうど精神的にも余裕ができ、アトリエから抜け出して新しい仕事がしたいときなのです。

お会いするとびっくり、肌が透けるように白く、女優さんのように美人な女医さんでした。
また、肖像画の実現を大変に喜んでおられ、クリニックでの白衣姿を一枚と、おうちでの普段着のお姿を一枚、合計二枚の絵を描くこととなったのです。じっとしてることには慣れませんとおっしゃりつつも、一生懸命モデルをしてくださいました。

『Dr.Yoko』

拡大画面で見る

『照葉(てりは)』

拡大画面で見る

「照葉(てりは)」とは、秋の季語で、
〜葉が木の紅葉したものが日光に美しく照り映えていること〜
という意味です。描いた季節、そして先生のお名前、葉子さんにちなんで。
そして、大学生の息子さんがいらっしゃるとは思えない若く美しく輝いているお姿からタイトルをつけました。

明るく清潔なクリニックのロビーにて、絵の披露パーティーがありました。ご紹介いただいた方も東京から駆けつけてくださり、そして先生のご主人様とお友達、従業員の方々、うちも家族でおじゃまして、楽しい会となりました。
   
先生の横に写っておられるのがご主人様です。
おしゃれで素敵なご夫婦でしょう。

先生のようにいつまでも美しくいたい方はこちら(笑)↓
http://www.hashikata.com/

at 19:24, 初絵, 人物画

-, -, - -

朗読会

先週大阪に帰ると、
アトリエのとなりの池に、今年も鴨たちがやって来ていました。
朝、太陽が昇りようやくあたたかくなる9時半ごろ、池の東側で寝ていた鴨たちは連れ立って西側へと移動します。きっと東から昇った太陽が、先に西側の水を温めるのでしょう。
私のモデルの仕事も、その頃スタート。

今回の絵は、春にアトリエを改装して新しくできた窓辺で読書をしている様子でモデルになりました。この窓は前述の池に面しており、可愛い鴨たちの様子や、ちゅんちゅんと鳴く雀たちの様子がよく見えます。

製作二日目

いつも製作中は音楽をかけたり、父とお話したりなのですが、今回は本の内容がおもしろかったため、父も聞けるように朗読をしながらモデルをしました。

なんの本を読んでいたかというと、『美の鼓動』という本で、これは姫路の森画廊の森崎さんという画商さんが書かれた本です。森崎さんは、勉強家で情熱家、とても信頼のおける画商さんです。
この本は、森崎さんのこれまでの画商生活のなかで出会った絵や画家との出会いの話を綴ったもので、森崎さんの、絵をいつくしむまなざし、絵の持つ力への賞賛、画家を敬愛する心が直に伝わる、とてもいい本です。そして言い換えればこの本は、私たちに絵の見方、感じ方を導いてくれます。

人それぞれの好みがあり、私は父の影響もあって、明るい絵が好きです。いい絵をみたら心がきゅんとなって感動します。
今までは、自分の直感で好みと思った絵だけを見てしまっていましたが、この本を読んで、今度はいろんな絵を理解しようと試みたいと思いました。
暗い絵を見たときの胸騒ぎ、嫌いと思う気持ち。でもそれももう少し突き進めば画家のエネルギーが理解できるかもしれない。それから好き嫌いを決めようと思いました。すると、これから絵を見る楽しみが倍に増えた気がして嬉しかったのです。

この本では、絵描きさんたちの経歴や生活スタイル、信条なども説明されています。山頭火の世界を求めて旅をした池田遥邨、わが身を削り命を燃やして制作に没頭した鴨居 玲、花を愛し虫を愛し、絵と詩に残した中村忠二、他に小磯良平、佐伯祐三、舟越保武、香月泰男、竹内栖鳳など。
いろんな絵があるけれど、その美の感覚や絵を描くときの心はみな同じで、何を狙うわけでなく、ただひたすらに自分の心に写った自然を絵筆に託すだけ。

森崎さんの本のおかげで、アトリエはほどよい緊張感と純粋な空気に包まれ、父の新作もあたたかな雰囲気のする良い滑り出しとなりました。


『美の鼓動』 森崎秋雄著 を読みたい方はこちら
     ↓
http://www.mori-gallery.jp/publishing.aspx

at 16:22, 初絵, 人物画

-, -, - -

舞台稽古

今年も初夏から、展覧会に向けての作品制作にとりかかりました。



以前からフラメンコの群像を描きたい…いえ、群像を描いてもらいたいという私の願望があり、所属するフラメンコスタジオの先生、大好きな谷崎寿子先生にモデルをお願いすることになりました。

優しい寿子先生ですが、舞台の上ではとても大胆で躍動的。ついたあだ名は“暴れ馬”だそうです。。

いよいよ作品作りにとりかかるわけですが、ポーズと構図を決めるのが作品作りの重大な要素となっているため、最初の何日かは形にならない日々が続きます。
今までも、「姉妹」など、静かに座っている様子の群像は描いたことがありますが、この度は二人ともが踊っている様子を描くという、新しい挑戦でしたので、なかなか構図が決まらず、苦戦しました。
ここがつらい時なのですが、いつもおいしいお土産と共に笑顔でいらしてくださった寿子先生に、私も父も力をいただいた気がします。

 そしてポーズも決まり、いよいよ形になりだした時、新たな風が吹きました。「もっとフラメンコらしさを」そんなスパイスをみごとにいれてくださったのが、プロのフラメンコダンサー向山口真哉さん。

真哉さんの踊りを初めて見たとき、“男性のフラメンコはこれほど魅惑的なものだったのか!”と驚きました。

情熱的な、とても魅力的な踊りを踊られる方なので、座っていただいては「もったいないおばけがでるね」といいながらも、今回は構図の都合で座っていただくことにしました。これで役者がそろったわけです。

 もうお気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、今回私、次女の沙絵子がブログを書いております。

 さて、お話の続きですが、フラメンコシリーズ第4作品目となる今回の作品は、動きを捉える新たな挑戦ということで、いつもとは違う苦労がありました。

父は、3人の個性を活かしつつも、一つの空気を創りだすことに苦労していたようです。私の尊敬するお二人だから、一生懸命描いてあげたいという気持ちと、絵作りの面での葛藤があったんだと思います。

フラメンコのCDをかけ、お二人と短い曲を踊ってみせたり(私はあたふたしながらだったけど…)、場所はアトリエですが、少しでもフラメンコの舞台の雰囲気を感じながら描いてもらえるように、演出をしつつモデルをしました。

 そんなこんなで今年もまた、とても思い出深い作品が出来上がりました。たくさんの方に、この作品を観ていただけたら嬉しいです。

                               沙絵子

at 22:02, 初絵, 人物画

-, -, - -

お友達の絵



三年前、お友達(初絵の)が遊びに来ました。
父がいたのでアトリエにあがってもらって、
なにげなしにスケッチをしてもらいました。
彼女はとても喜んで、くるくる巻いて持って帰りました。

その一年後、彼女は病気で亡くなりました。

お友達の家の居間には父が描いたそのスケッチが飾られています。

お友達のお母さんは、
「絵の中の娘の表情がその時々で変わる気がします。
嬉しそうに見える時や、寂しげな時もあるし、
お客様によっても感じ方がいろいろです。
写真では感じられない絵の力というか不思議というか。
世界中で一番の名作だと思っています。宝物です。」
と言ってくださいます。

私も、彼女が絵に残ってくれていて、本当に嬉しいです。
彼女の優しいたたずまいと、吐息が聞こえてくるようです。






at 21:25, 初絵, 人物画

-, -, - -