イギリス写生旅行(コッツウォルズ) Part.3

イギリス写生旅行記 Part.1Part.2まだ読んでいない人はこちらをクリック)に続いて・・・

昨年の今頃はイギリス写生旅行の準備をしていたなぁと思い返してブログを開いてみると、私って、なんてうっかりはちべえ、旅行記を完結するのを忘れてしまっておりました。今さらですが、遅ればせながら。。

コッツウォルズを後にした池田清明スケッチツアーの締めくくりは、ロンドン。
ロンドンと言えばやっぱりこれですね。



少しお天気があやしかった午後、タワー・ブリッジを4号におさめました。

この絵を描いているときに起こった、ちょっとしたハプニング!!
タワー・ブリッジがちょうどいい角度で見える場所にイーゼルをたてて、はりきって描き始めると、ポリス(警察)がやってきました。厳しい表情で何か言ってきます。どうやらこの場所で絵を描いてはいけないといっている様子。しょうがなく父と生徒さんたちは、パレットをたたみイーゼルを片付け始めました。以前の旅行でも、この辺りで絵を描いたのにと、父は腑に落ちません。。
するとちょうど添乗員さんが戻って来て、ポリスに詳しく話をしてもらうと、ここは商売禁止地区とのこと、つまりポリスは父たちが実演販売をしていると思ったらしいのです。
晴れて誤解はとけ、またイーゼルをたてなおして制作再開となりました。

さて、私達の宿泊したホテルのとなりは、リージェンツ・パークという広大な敷地の公園です。

ロンドンの数ある公園のうちでも最も美しい公園と言われているそうで、よく手入れされた芝生は青々と、花壇には季節の花々が色彩豊かに植えられ、池ではかわいい水鳥たちが遊ぶ、とても素敵な公園でした。
その中に、クイーン・メアリーズ・ローズガーデンという、すばらしく豪華なバラ園があります。さすがガーデンの国、イギリス、400種類ものバラが植えられているそうで、甘い香りも大きさも見事!

素晴らしいバラの芳香にうっとり

一輪のバラもすばらしい、群生したバラもまた見事



日光浴をしたり、読書をしたり、ロンドンの人々が思い思いに憩いのときを過ごしていました。

お父ちゃんたちの憩い

絵を描き終わって一休みの父です。あれあれ、隣も隣もみんな男一人で憩っている。。


建物も内装も素敵な美術館

ロンドンでは、ナショナルギャラリーのほかに、今回初めてコートールド・ギャラリーを訪れました。印象派の名画が数多くコレクションしてあり、またその建物や内装もイギリスらしい、とてもいい美術館でした。
ルノワールの名作を眺める父と沙絵子。

ナショナルギャラリーではレンブラントの作品にみなぎる渾身の力に感動し、コートールドではルノワールのやわらかい色気にポッとなる父でした。

今回も、楽しい思い出と、9枚もの作品とともに無事に旅行を終えることができました。同行した教室の皆様には、みんなで仲良く盛り上げてくださり、本当にありがとうございました。また、私達の希望に尽力してくださり、臨機応変な対応をしてくださったJTBの方、添乗員さんに感謝いたします。

 −完−

P.S
父が絵を描いている間、私と妹と母は三人でショッピング〜♪
戦利品はコチラの白いドレス↓


2007年 日展 巡回予定はコチラ









at 21:33, 初絵,

-, -, - -

イギリス写生旅行(コッツウォルズ) Part.2

イギリス写生旅行記 Part.1(まだ読んでいない人はこちらをクリック)に続いて・・・

コッツウォルズに到着して5日目は、朝から良いお天気の、素晴らしい日でした。この日はスノースヒルという、ブロードウェイから、車で5分ほどの隣村へ行きました。コッツウォルズのガイドブックを見て、一番行きたかったのがこのスノースヒルです。

名前の通り、冬には雪が積もってロマンチックなのだとか

小高い丘の中腹に、教会を中心としてドーナツ状に数十件の家々が建ち並んでいます。


スノースヒルの集落は、教会の向かいにパブ(日本風に言うと居酒屋)が一件あるだけの小さな小さな村ですが、その形状からも、とても村らしい村だなと思いました。そしてその外側は、なんともすがすがしい、ゆるい丘陵地に牧場がずっとずっと広がっている風景でした。

さわやかな風がふきわたる丘でした

朝から村の風景を一枚描き、午後からは村のはずれに出て、牧場の風景を2枚書きました。
皆で並んで描いていると、羊たちが興味津々で様子を見に来ます。近くまで来てみては離れて、また近くまで来てみては離れて、だんだんと近づいてくるのです。子羊の動作のかわいいことかわいいこと。

真中が清明、右となりの小さいのが沙絵子、左下から母が見ています。

           どんな子供も怖いもの知らずで好奇心旺盛、親羊より勇敢です。

皆が絵を描いている間、暇な私達は、散歩がてら牧場のあいだの道をずっと歩いていきました。すると馬が放牧されているところに出ました。馬は私達を見つけると、よって来て愛想をしてくれました。

私達のブーツのヒールの音を仲間だと思ったみたいで、翔ってきました。

スノースヒルの動物たちは、豊かな自然の中で幸せなのでしょう、みんなとても優しくてかわいかったです。

がぶっ!清明ちょっとおどろく。くいしん坊だねぇ。

3日間ブロードウェイとスノースヒルを満喫して、いよいよロンドンへ移動です。
途中、コッツウォルズ一の観光地、バイブリーへより、スワンホテルでアフタヌーンティーを楽しみました。

有名なマナーハウスホテル。バイブリーはまさにおとぎの国でした。

ついでに・・


スノースヒルの村で出会った犬。友達になった沙絵子はチョコタンと名付けました。翌日もチョコタンに会いにスノースヒルへ行ったけど、チョコタンは飼い主とお出かけの様子で、沙絵子を見つけると駆け寄ってきて顔をペロリとなめると、車に乗って行ってしまいました。

いきなり絡み付いてきたチョコタン。え?私飼い主だった?って思うほどの懐っこさ。


もうひとつおまけ・・

一般的に素晴らしい風景、美しい風景が「絵になる風景」かというと、必ずしもそうではありません。絵は、四角の枠の中にうまく風景をおさめなくてはなりません。そして風景を四角く切り取ったとき、その中の道具立ての配置やバランスが良い(構図が良い)ことは、絵の骨格として、非常に大切なことなのです。特に父は現場で写生をするスタイルで、嘘を描きませんので、自然がそのようにキマッテイル場所を探さなければならないのです。そのような場所が見つかれば、あとは父の目と腕で写し取るだけ。
実はこのスノースヒルの絵、秘密があるのです。
普段父は、Fといって、縦と横の長さが極端には違わないキャンバスの形状を好んで使っています。旅行にもこのFのキャンバスを大きさ違いで何枚か持って行きました。ところがこのスノースヒルは、Fの形ではどうにもうまく構図がキマリません。教会も、左の家々も、向こうに見える丘も魅力的。しょうがないのでF8号を二枚横に並べて描くことにしました。
日本に帰って、キャンバスを張り合わせて真ん中を埋めて、あとは特注の額に入れれば完成です。

本当は真っ二つに分かれていたのです!
↓証拠
裏に牧場の絵が!逆さまだ。こうやって乾かしているのです。

つづく・・・

at 17:03, 初絵,

-, -, - -

イギリス写生旅行(コッツウォルズ) Part.1

 イギリス写生旅行に行ってまいりました。
 
 ヒースロー空港に到着した日は雨でした。5月末のイギリスはまだまだお天気が不安定。雨のイギリスは暗くてじめじめ、そして寒ーいのです。いくらなんでもコートは要らないだろうと、スーツケースからぬいてきた私たちでしたが、見回せばロングコートを着ている人もいるくらい。。明日からどうしようと不安になった初日でした。
ヒースロー空港から貸切りバスに乗り、西へ。
<イギリスは‘村’が素晴らしい!>ということで、この度の旅行は、コッツウォルズ地方の村々を回ります。イギリスで一番美しい場所だとか。
最近日本でも有名になってきたコッツウォルズですが、交通機関が発達しなかったため、13世紀〜18世紀のままが残った地域だそうです。
特徴はこの地方から出る石の色。蜂蜜色の石ということでハニーストーンと呼ばれていますが、その名の通り、あたたかな陽だまりのような黄色。その石で建物ができているので、街全体がとってもあたたかい雰囲気で包まれているのです。

ハニーストーンでできた家。長屋のようになっている。

 実は、私たち池田家は6年前に一度、家族4人で、このコッツウォルズ地方をレンタカーで旅した経験があります。南北100キロにわたって小さな村々が点在するコッツウォルズを北から南へ一週間かけて絵を描いてまわりました。
その経験があったので、この度はまだまだ観光化されていない場所をめぐるよう、計画することができました。一緒に行った皆さんはもちろん、添乗員さんも初めてのところが多く、楽しんでくれたようです。

 一晩空けて、二日目、天気予報は晴れ雨曇り。全部やんっ!とつっこみを入れつつ「イギリスのお天気らしいですねー。」と添乗員さん。
朝からバスに乗り込んでロウアー・スローターという村へ。大型バスは進入禁止のため、村の入り口でバスを降り、15分ほど歩いたところが村の中心です。小川が流れ、水鳥が水遊びをし、馬に乗った人が通る、ほのぼのとのんびりとした村です。

さっそくそれぞれに気に入った場所にイーゼルを建てて、絵を描き始めました。途中何度か小雨が降るなか(青空なのに)今日は一日この場所で描きます。

   家々の窓や扉はとても小さい。大昔のままなのです。

この絵の中の家の並びで、窓枠などのペンキの塗り替え作業をしている人がいたので、いつごろの建物かと聞くと、16世紀とのこと。

さて、添乗員さんと私たちは皆さんの昼食を調達しに、となり街ボートン・オン・ザ・ウォーターまで。イギリスでは、フットパスという公のウォーキングコースがあり、コッツウォルズではその看板がいたるところに。牧場の中や、森の中、けもの道のような道を行くのです。いろんな形の柵があって、段になっているのを乗り越えたり、ばねの扉をすり抜けたり、一人ずつしか通れない、しかも歩いてしか通れない柵です。となり街までは少し遠かったけど、とても楽しいハイキングでした。


可愛いキャンディショップに寄り道。
          

制作が終わり、皆でフットパスを歩いてみました。6年前の父の記憶をたどり、ボートン・オン・ザ・ウォーターのはずれの牧場へ。小川沿いを歩くと、ちょうど豚のような羊が放牧されていました。なので足元はフンだらけ。私たちは踏まないようにと爪先立ってしまうのですが、イギリス人は全く気にならない様子でHELLO〜とスタスタと歩いていました。現地の人に聞くと、土と同じ感覚ですって!

     

次の日は一日中どうしようもない雨。しょぼくれ顔の父でした。

夕方から次の街、ブロードウェイに移動です。
人数の関係で比較的大きな町のホテルに滞在した私たちでしたが、二件目のホテルは1530年創業の名門ホテル「リゴン・アームズ」。
奥に深い、迷路のような建物には、いたるところに素晴らしいアンティークの家具が配され、照明を落とした素敵なラウンジもたくさん。お部屋もそれぞれにとても素敵な雰囲気です。
今日のディナーはホテルのレストランにて。
キャンドルの灯りだけでいただくイギリス料理は最高でした。雰囲気だけではなく味も最高。イギリスでも美味しいところは美味しいのです。

次の日、ブロードウェイの街はずれで一枚。
描きだしてすぐに小雨が降ってきたので、横の木の下に移動し描き進めます。
私たちはお昼前にパンとジュースを持って父のところへ様子を見に行きました。雨の中でレインコートを着てがんばる父のパレットを見ると雫でいっぱい。油絵の具なので少々の水ははじくのだそうです。
できた絵には、雨に濡れて濃い蜂蜜色になったハニーストーンの家と、イングリッシュガーデンの花々が活き活きと描かれていました。



つづく・・・

at 22:59, 初絵,

-, -, - -

富士山

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末には富士山を描きに山梨県へ行ってまいりました。
写生旅行ついでに家族旅行です。

一日目から素晴らしいお天気に恵まれました。
地元の方のお話によると、前日までの悪天候のおかげで富士山にはこんもりと雪が積もり、より素晴らしい富士山だそうです。
やはり富士山の堂々とした姿は素晴らしく、ついつい拝んでしまうほど。
あぁ日本人でよかったと思ってしまいます。

   

 防寒対策万全、最初の一枚は山中湖畔から、早朝の富士山を描きました。
山中湖から見る富士は、とても雄雄しく堂々としていて力強い富士。
「男富士」と呼ばれているそうです。
写真には写っていないですが、白鳥や鴨などの渡り鳥がやってきており、とてもいい自然の風景でした。


翌日は忍野へ。



以前の東京での個展のときに知り合った山梨県警の絵画クラブの方達が見学に来られて、一緒に絵を描いたり、とても楽しい時をご一緒しました。3人とも本当にいい方達で、私はまた父の絵を通して素敵な方たちと知り合えたことに感謝いたします。

     



絵画クラブのリーダーの風間さんは、警察犬担当のお仕事をされています。
この日は風間さんの愛犬ウェイ君を連れてきてくれました。びっくりするほど大きなシェパードです。とっても賢く、いろいろな芸をして楽しませてくれました。犬は人の役に立つのが大好きな動物だと聞きますが、風間さんのウェイ君に接する様子が、すばらしいと感じました。かわいいかわいいと愛玩犬のようにするのではなく、また高圧的に命令するでもなく、二人で協力して一つのことをするという感じ。風間さんとウェイ君は本当に信頼しあったパートナーという感じです。
 ウェイ君は、犬が大好きな私と妹にもとっても優しくしてくれて、一緒にお散歩にも付き合ってくれました(?)。
 数年前に亡くなりましたが、うちにもラブラドールレトリバーがいて、よく一緒に大作のモデルをしたことを思い出します。
「まて」と言っておくと、モデルをしているのがわかっていたのか、父が喜んで褒めるのが嬉しかったのか、きちんと私の横でじっとしていました。


あまりにお天気が良くてついついもう一泊。ここは父のお気に入りスポットです。大晦日の朝に河口湖にある民宿の大広間から。
まだ夜が明けぬ暗いうちから準備をして、夜明けと共に筆を走らせます。
早朝は風がなく水面が静かで、湖に美しい富士山が映りこみます。
川口湖から見る富士山は峰がゆるやかで、優しい、「女富士」だそうです。




出来立ての富士山の絵を一枚の絵ギャラリーにてご覧いただけます。

新春特別企画 −富士を描く展−

会期 1月9日(火)〜31日(水)
   11時〜19時(最終日17時まで)
会場 gallery 一枚の繪
   〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1風月堂ビル3F
   Tel : 03-3575-0123   Fax : 03-3575-0122
   営業時間 11:00〜19:00

at 16:00, 初絵,

-, -, - -