池田清明展(大作展) 笠岡市立竹喬美術館 その2

池田清明展(大作展) 笠岡市立竹喬美術館 その1(過去ログ)は→こちら

笠岡市立竹喬美術館にて開催されている池田清明展、一ヶ月半という長い会期も残すところ10日となりました。
中国地方のみならず遠方からも、多くの方々にご来館いただきありがとうございます。

先日行われたギャラリートークの様子。

展示室A(1990年代の作品について)

第一室は1990年前後の作品です。
モデルさんのこと、製作過程の苦労など、一枚一枚、制作にまつわる思い出から、
構図の話や色の効果など、絵の技法的なことまで、約一時間半のギャラリートーク。

皆さん、「感覚的に描いているのかと思いきや、いろいろなことを考えて絵を描いているのだなぁ。」との感想です。

展示室B(2000年代の作品について)

第二室は2000年代の作品を中心に展示。
私も含め、モデルさんが来ていて、紹介したりと和気あいあいとした雰囲気で進みます。

第一回は250人ほど、第二回は360人ほどの方々が来てくださり、大盛況のうちに終了しました。
最終日には最後のギャラリートーク(池田清明本人による)が行われる予定です。
(※7/5日に竹喬美術館学芸員によるギャラリートークが開催されます。)

こちらは今回の展覧会図録。(サイズ22.3×30.0cm、全111頁、¥1500)
展示作品が全て(約65点)と、一水会・日展・研水会・21世紀展などこれまでに出品した作品を記録的に掲載しています。

竹喬美術館池田清明展 図録





池田清明展
笠岡市立竹喬美術館

住所:岡山県笠岡市六番町1-17
電話:0865-63-3967
入館料:一般800円・高校生500円・小中学生350円

今後のイベント
池田清明来館日 7/8・7/9・7/11・7/12
池田清明によるギャラリートーク 7/12(日)13:30〜14:30 聴講無料(要入館料) 申込不要
竹喬美術館学芸員によるギャラリートーク 7/5(日)13:30〜14:30 聴講無料(要入館料) 申込不要

 

at 07:03, 初絵, 展覧会

-, -, - -

池田清明展(大作展) 笠岡市立竹喬美術館




岡山県笠岡市にある、笠岡市立竹喬美術館で池田清明展が開催されています。
https://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/museum/seimei.html

今回の展覧会は、父のこれまでの画業を振り返る、特別な展覧会。
23才ころに描いた「カブトガニのある静物」を始めに、64才の現在まで約40年間の作品を紹介しています。
「回顧展」というと画家の一生を振り返る展覧会という意味が強いようで、“まだ若いのに”と言われるのですが、実に回顧展と呼ぶにふさわしい内容なのです。

中心となるのは、毎年出品する一水会展と日展の作品(100号〜120号の人物画)です。
そのほか、研水会展出品の人物画小品や、母校に寄付したふるさと風景など65点を展示しています。

竹喬美術館は、父の郷里である笠岡の市立美術館で同郷の小野竹喬の美術館として建設されたものですが、
市立美術館として様々な企画展が開催されています。



今回の池田清明展、何が特別かというと、すでにお嫁入りしてしまって手元を離れた絵を借りてきてまで展示をしてくださっていること。市立美術館の企画展として、大きな予算をかけての展覧会なのです。
竹喬美術館館長の上薗四郎先生(学芸員で小野竹喬の専門家)はじめ、学芸員の徳山亜希子さん他、竹喬美術館にお勤めのみな様のたいへん丁寧な作業の末、日本全国から集めての展示です。
そして一番はやはり、快くお貸しいただいた所有者様方のご協力あってこそ、このような展覧会ができることとなりました。

第一室
第一室



昔の絵も変わらず生き生きとしているのはモデルのみな様が素晴らしかったから。
半数近くの絵のモデルは、父が学校へ勤めていた頃にモデルをしてくださった教え子の方々です。
父はただ、そこに喜んでモデルをしてくれた彼らを、青春まっただ中の若い人を写生しただけと言います。
ほどよい緊張感を持ちつつリラックスしている様子の彼ら。
きっとそこには、絵描きとモデルが協力して制作が進んでいくというような充実した空気が流れていたことと思います。

第二室
第二室
第二室
第二室

一同に並んだ作品の、時代を追っての展示を眺めていますと、絵を中心に生きてきた父の半生が見えます。
一年に二枚の大作。一点、一点、力を尽くした作品たち。
父の努力、母の協力。
そして、小学生の頃から夏休みにはモデルを務めてきた私と妹の沙絵子にとっても、私たちのこれまでの人生です。

第三室
第三室

会期が長いので、多くの方々にお運びいただきたいと思います。

講演会
講演会の様子。たくさんの人で講演室に入りきれません。

池田清明展
笠岡市立竹喬美術館

住所:岡山県笠岡市六番町1-17
電話:0865-63-3967

今後のイベント
上薗四郎館長による講演会「池田清明と現代洋画の人物表現」 6/21(日)13:30〜15:00 聴講無料(要入館料) 要申込
池田清明によるギャラリートーク 6/13(土)・27(土)・7/12(日)13:30〜14:30 聴講無料(要入館料) 申込不要
竹喬美術館学芸員によるギャラリートーク 5/30(日)・7/5(日)13:30〜14:30 聴講無料(要入館料) 申込不要

 
続きを読む >>

at 06:57, 初絵, 展覧会

-, -, - -

ぬましんストリートギャラリー

(写真をクリックすると大きくなります。)


「商店街で評判になって、地方新聞が取材を申し込んで来られました。
少し早めに来ていただけますか。
こんなにたくさん人が立ち止まって観て下さるのはかつてないほどです。
素晴らしい展覧会をありがとうございます。」

と、アトリエにお電話をいただいたのは、ぬましんストリートギャラリー(沼津信用金庫本店)を観に行く予定にしていた昨日の朝のことでした。

午前中の制作を終えて、早速家族で沼津へ。

毎年夏に制作する展覧会の出品作は、一番力の入る仕事と言える、父にとってはその年の総力の結集です。
その100号以上の大作ばかり11点が一列に勢揃いで、これまたさらに“総力の結集”と言える展覧会となっていました。

一番古いのは1990年の作品で「犬と少女」私が12歳の時、愛犬ゆうと一緒にモデルをした作品です。
一水会賞をいただいた「バレリーナ(舞台衣装)」
日展特選になった「朝の調べ」など受賞作品や、
大作としては最新作で昨年の日展出品作「浴衣」など。



 他にも、工業高校へ勤めていた頃に男の子をモデルにした青春シリーズや
次女の沙絵子がモデルを務めた作品、姉妹の絵。

どの作品もライトを浴びて、我主役と輝いて見えました。
アトリエで見るのとは違います。
やっぱりこうして多くの方々に見てもらってこそ。
また一同に並んだ様子もまさに協演でした。



このストリートギャラリーは沼津信用金庫が地域活性のために行っている社会貢献活動です。
道路に面した壁面を、定期預金のポスターなどでなく、夜もシャッターを閉めてしまうのではなく、
文化活動の場にして社会に貢献するというのはなんと素晴らしいアイデアでしょう。
街角に文化・芸術があるってとても素敵なこと。

担当の溝淵さんは、展覧会を企画し、作家とコンタクトをとり、ポスター作りから展示に至るまですべてをこなします。
歴史・文化・芸術に対して造詣が深く、情熱をもって仕事をしておられます。
そのお人柄ゆえに展覧会も292回を数え、皆さまに喜んでいただいているのだと思います。

ここに飾っている作品は、自信作であり、当時の力・心を尽くした作品です。
池田清明の絵画を堪能していただけるまたとない機会です。
是非ご覧ください。

記念写真を一枚



私のお腹に赤ちゃんがいます。ただいま9ヶ月。




お向かいのレトロなカフェにて懐かしいクリームソーダを注文した父と母。
私もミルクセーキというものを初めて飲みました。
甘くて美味しかった☆


宣伝
月間美術6月号(5/20発売)の表紙に掲載されました。
中にアトリエも紹介されています。


at 18:47, 初絵, 展覧会

-, -, - -

池田清明 大作展

池田清明大作展

展覧会出品作品(100号.120号)合計11点を一同に展覧いたします。


ぬましんストリートギャラリー

http://www.numashin.co.jp/street/292ikeda.htm

(沼津信用金庫ストリートギャラリー企画展)


日時:2012年5月7日(月)〜6月6日(水) 夜10:00までライトアップ

場所:沼津信用金庫本店
    
       〒410-8610 沼津市大手町5-6-16
     
        tel 055-962-5200

      



大作をこれだけの点数並べる展覧会は2001年故郷笠岡でのワコー文化章受賞記念展以来のこと。
かなり迫力のある展覧会になるだろうと楽しみにしています。

先日、沼津信用金庫から担当の溝渕さんと搬入業者さんが鎌倉に来てくださり絵を運んで行かれました。
人物画のみの展覧会は、ストリートギャラリー企画展292回目にして初めてのことのようで、溝渕さんはとても張り切って下さっています。

地域の社会貢献活動として沼津信用金庫が行っている展覧会です。
お近くの方は是非お運びください。

at 13:34, 初絵, 展覧会

-, -, - -

日展長崎展のポスター

朱赤のポスター、緑のバックの絵と補色関係で美しい。

今日から日展長崎展がはじまります。
そのポスターに「高原の夏」が起用されました!



そしてチケットにも。

日展のポスターで絵が使用されるのは初めてのこと、とても喜んでいます。
長崎のどんなところに貼られているのかな。

しばらくブログを書けずにいましたが、池田家はみんな元気です(笑)

5月には福山天満屋での個展がありました。たくさんの方に来ていただき、あたたかい地元の応援により、またがんばるエネルギーを充電させていただきました。
そのほかにも、菁菁会というグループ展が発足し、銀座アルトン(東京展)、梅田画廊(大阪)で展覧会が開催されました。

明るく、自然派、色彩の共通点がある6人の先生方

遊馬賢一 池田清明 歳嶋洋一郎 西房浩二 山村博男 湯山俊久
美術評論家の瀧悌三氏が、
「いずれも私が長年注目してきて、私が好きになり、声援送ってきた人たちである。」
と選んでくださった6人です。

皆違う団体に所属しているのですが、日展で御一緒の先生も、初めて御一緒させていただく先生も、同じ写生写実系、年齢も近いという共通点ですぐに意気投合しました。

菁菁会(セイセイカイ)、会名も瀧先生がつけてくださいました。
草木が青々と茂るさまを表す言葉だそうです。
6人の先生方の年齢は40代〜50代、絵画界において、新人ではなく、青春期とも言えない、植物にたとえると、新芽や若葉段階を過ぎ、でもまだ伸びつつあって、日を浴びながら茂りゆく青葉であるというのが、「菁菁」の所以とのこと。字面も美しい、素晴らしい名前だと思います。

来年も5月、第二回が開催されます。

さて、今父は9月に東京都美術館(上野)で開催される一水会の絵を制作中です。
もうすぐ11月国立新美術館(六本木)ではじまる日展の絵にもとりかかります。
もう30年続く父の夏の大作制作、毎年毎年何か新しいものを探して、感動を求めて取り組んでいます。お楽しみに。

at 04:52, 初絵, 展覧会

-, -, - -

個展を終えて

日本橋三越にての個展が終了しました。
たくさんの方々にお越しいただき、おかげさまで盛会のうちに終了することができました。
特にギャラリートークの際には、台風の影響で天候不良だったにもかかわらず、多くの方で盛り上げていただき、スピーチ・質問コーナーなど本当に楽しい時間となりました。心から感謝したします。

この展覧会では、約三年前から温めていた作品を発表しました。
個展会場に並び、皆様の目にふれ、アトリエで見慣れていた作品もまた新たな輝きをみせてくれたように思います。

この度の皆様の励ましを糧に、これからもより精進していく所存ですので、どうかよろしくご支援賜りますようお願い申し上げます。

最後になりましたが、三越の皆様の気持ちの良いご対応、ご協力、ありがとうございました。 
                          池田清明

=================================

個展が終了し、ほっと一息。
方々よりお運びくださった皆様、諸先生方、本当にありがとうございました。
また、遠方で上京はかなわなかった友人の皆様にも、関東のお友達にハガキをお送り下さったりとたいへん温かいご協力を賜りました。
三越での初の個展を成功させることができましたのも、皆様のご支援のお心あってのこと、家族皆心から感謝しております。

父の文章にもありましたように、このたびの個展に向けて、約三年前より準備をしてまいりました。
絵から自然の清清しさと優しさを感じてもらえる展覧会にしたい。
日本橋三越という老舗デパートでの個展、私が想像するところの三越というデパートのイメージ(伝統を大切にする正統派デパート)からしても、きっと父の作風は合うだろうとはりきっていました。

個展開始の前日、壁に掛けられ、スポットを浴びた作品達は、晴れの舞台にたちとても頼もしく見えました。
アトリエにあり、父がまだ修正を施すかもしれないという状況ではなく、ガラス入りの額縁に入って、立派に一人たたずんでいます。
皆様に見ていただく準備が整った今が完成なのかな、と妙に納得。

写真はギャラリートークの様子。家族応援型。
ギャラリートークの様子。

学校の先生をしていたんだからきっとその場の雰囲気で上手く話すだろうと過信した父は、多くの人で緊張してしまったのか。。。

「話し手ではなく絵描きさんなんだから」や「それもまた自然で先生のお人柄です」などと皆様からの温かいお言葉をいただくことに。
しかし質問コーナーでは多くの手が上がり盛り上がりました。

質問コーナーでは絵を描かれている方からの質問が多く、皆様とても勉強熱心にメモをとったり。

たくさんのお客さんで賑わって嬉しかったです!

この方の質問は、踊りやバイオリンなどの一瞬のポーズをとらえた絵の場合、写真を使っているのかどうか、写真をつかってもいいのかという質問です。
父の答えは、写真を参考にすることもあるし、写真を使う場合はうまく写真を使いましょうということ。

写真は3次元の形を正確に2次元に写すもの。大いに参考になるところもあるのです。
しかし注意しなければならないのは、あくまで写真はカメラの目。
そして人間の目はカメラの目とは違うということ。
具体的な例の一つとして、人間の目が捉える色はカメラの捉える色とは大きく違う場合がほとんどです。その光と影の強さの感じ方も違う。また、人物を写す場合など、少しの角度で頭が大きく写ったり足が長く写ったり。
対象を写すということだけでもこんなに注意点があるのです。
そして実物を前にした感動と、写真を前にした感動が違うのは写真の最大の弱点です。

ご来場いただいた皆様と出会い、お話させていただくのは本当に楽しく、一週間は瞬く間にすぎていきました。
絵を見てくださった皆様の表情、お言葉ひとつひとつに励まされ、勉強させていただきました。そして皆様に絵を見ていただく悦び、達成感はとても大きなもので、父にとってこれからまた元気いっぱいに絵を描く糧となります。

最後になりましたが、三越の皆様、たいへんお世話になりました。
作品を生み出すということや、それを披露すること、そしてまた手放すということ、絵描きが展覧会をするときにはいろんな想いが溢れます。
展示をしてお客様に紹介するという仕事だけでなく、
そのようなことを一生懸命理解しようとしてくださり、私達はとても満たされた気持ちで展覧会を終了することができました。
その気持ちはお客様にもきっと伝わっていることと思います。
ありがとうございました。

[

at 08:11, 初絵, 展覧会

-, -, - -

池田清明展 2008 in 日本橋三越

池田清明油絵展
日常性の中の小さな華やぎ

会期/2008年9月16日(火)〜22日(月)最終日は午後4時30分閉場
会場/日本橋三越本店本館6階美術特選画廊

案内状 『ピンクのショール』

三越ご案内文
このたび、日本橋三越本店に起きまして日展、一水会でご活躍中の池田清明先生の初絵個展を開催いたします。二人のお嬢様の成長を見守り、描き続けられてこられた池田先生の女性像は、対象への尽きせぬ愛情と幸福感が滲みでており、その可憐な表情の清純さと凛とした強さを感じさせる美しさは観る者を惹きつけてやみません。ぜひこの機会に池田清明油絵展をご高覧下さいますようご案内申し上げます。

いよいよ東京・日本橋三越での池田清明展が近づいてきました。
久しぶりの東京での個展、また三越で開催するのは初めてです。
約3年前に個展の開催が決まって以来、こつこつと描きためた作品、41点の展示となります。
人物画を中心に、風景、静物の作品を展示いたします。

人物画は、父のライフワーク、この度は全て私と妹の沙絵子がモデルの作品です。
一同に並べてみると姉妹の性格や、趣味の違いがわかるようです。
最近はモデルの私達も衣装を提案したり、ポーズを提案したりすることが多くなり、いい絵が出来るようにと競い合っています!

風景画は、父がアトリエで絵を描くのに疲れたらリフレッシュしてくると言って出かける、父にとっては楽しみながら描く絵です。
奈良の斑鳩、信州の白馬、冬の富士山は父のお気に入りの写生地です。
また、一昨年のイギリス旅行での作品も数点展示いたします。

静物は、季節の果物や、庭に咲くバラ、近所の桜など。
静物画というと、ビンや果実や本などを組み合わせた作品をイメージしますが、父の作品はご覧のように果物や、花そのものを主題としたものです。
知人が送ってくださるりんごや葡萄、自身が大好きなイチジク、庭で育てたバラなど、人間の気持ちも合わさってより輝いて見える、その時々に一番描きたいものをシンプルに描くのです。
父は良く言うと、素直な人、おもしろく言うと単純明快な人、絵も、複雑なことは考えず“自然を師とする”父の目線そのものです。四季のある日本では、お床に季節やテーマに合わせた絵や書の掛け軸をかけてお客様をお迎えするというお作法がありますが、まさに父の静物・風景は、その感覚にぴったりです。

カメラマンの樋口憲二さん。渡辺謙似の男前。

上の写真は、展覧会の作品を掲載した小画集をつくるための撮影会です。
お天気の安定した日を狙って、いつもお願いしているカメラマンの樋口憲二さんに来ていただきました。通常、絵画の撮影は外からの光を遮断した部屋で、人工照明によってとることが多いのですが、父の作品は自然光での撮影が一番本物に近い色合いが出ます。絵と共に印刷会社へ送り、色、コントラストに注意していただいて、なるべく実物に近い印象をと校正をしていただいて出来上がりました。

人物、静物、風景、29点の掲載です。

父も私も満足のいく作品集となりました。
図録の果たす役割はとても大きいのですが、でも、やっぱりどんなに苦労しても展覧会では、
「図録では見ていたけどやっぱり本物がいいわね〜」といわれるのです。。
嬉しいような、悲しいような。。
だからホームページを見てくださっている皆様、どうぞ本物を見に来てくださいませ!

三越展では、会期中家族で会場に出る予定をしております。
どうぞよろしくお願いいたします。
池田清明ギャラリートーク 20日土曜日 午後2時〜 会場にて

at 11:21, 初絵, 展覧会

-, -, - -

梅田画廊展

拝啓
薫風の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて先日、梅田画廊での個展に際しましては、たいへんお忙しい中をお運びいただき、まことにありがとうございました。
おかげさまで、個展は連日多くのご来場者で賑わい、盛会のうちに終了することができました。
この度も、また皆様のお力に支えられて、楽しく有意義な10日間でした。
これからも、ご期待に答えるべく精進してゆく所存ですので、よろしくご支援賜りますようお願い申し上げます。
それでは末筆ながら皆様のご健康をお祈り申し上げます。
まずは御礼申し上げます。 敬具       

池田清明


at 11:36, 初絵, 展覧会

-, -, - -

池田清明展(福岡・岩田屋)

7月5日から3日間、福岡に行ってまいりました。

博多の街は、九州では一番の都会だそうですが、都会の殺伐とした雰囲気はなく、なんだかとても温かい雰囲気をかもす街でした。
妹の沙絵子が「栄えた温泉街のような」と言いましたが、まったくそのような印象で、タクシーの運転手さんが話す博多弁が、とても耳に心地よくひびきました。

池田清明展(福岡・岩田屋)

九州で個展をするのは今回が初めてでしたが、たくさんの人においでいただき、何人かの方々と楽しくお話をさせていただきました。
福岡は、大先生の中村琢二先生のお生まれの地であり、描き方の系統を継ぐ父の風景を、とても親しみをもって見てくださる方もおられました。

悪天候の中お運びくださった皆様、ありがとうございました。

7月6日、野呂さん(梅田画廊会長)にお誘いいただいて、ゴルフに行きました。高嶋さんという福岡の翰林画廊の社長さんにご案内いただき、福岡では最高のゴルフ場と言われる、芥屋ゴルフ倶楽部でプレーさせていただきました。芥屋ゴルフ場とは、毎年8月にKBCオーガスタゴルフトーナメントが開催され、トッププロが集まるゴルフ場。
玄界灘に突き出た半島にあるゴルフ場で、玄海国定公園の自然の中にあります。潮風ふき、松林が囲む、なんとも素晴らしいコースでした。
父は、気分爽快に打ってはいくものの、潮風にもまれた芝生の強いこと、グリーンで悪戦苦闘のすえ、最後にやっとの思いでパーという散々な結果でした。。。




at 15:41, 初絵, 展覧会

-, -, - -