鎌倉へ

鎌倉に引っ越しました!

朝の富士さん。まだほのかに赤く染まっています。
「わが家の富士」 父の寝室から見える富士山です。

長い間ブログを書かなかったので、何から書けばいいのやら。。

大ニュースは鎌倉へ引越ししたことです。

一番の理由は、

私(長女・初絵)と一緒に住むためです。

5年前に結婚して以来東京に住んでいた私ですが、毎月10日間くらいモデルや雑用など父の手伝いのために大阪に帰っていました。
それがたいへんになってきたこと。
いつか私にも家族が増えたら頻繁には帰れなくなるし。

近くだったらいいのにな。

私の主人は会社員なので、父の方が関東に来てくれたらいいのにと自分勝手な発想から、考えてみるとそれは両親にとっても悪い話ではないのでは。。
遠い将来のことを考えても。。これから若返るわけではなし。

父も東京には絵の用事で頻繁に出かけてきます。

また、大阪では自宅とアトリエが車で10分の距離に離れていて不便で、以前から、いつか一つにまとめなきゃならないと、将来のことをぼんやり考えていました。

私が住んでいたマンションも狭いから一生は住めないねと主人と話していました。

そうだ、力を合わせて家を買って、一緒に住んだら一番いいな!
と思いつき、早速主人に相談したところ、
「絵のことは初絵にとっても生きがいだもんね協力するよ」と言ってくれました。

お金のこと、大阪のお弟子さん達や父を支えて下さった人達とのこと、いろいろいろいろ考えて。。

両親に提案すると、びっくりしつつも母はとても喜んでくれました。

父がたいへんでした。。

やはり大阪での人間関係を放せないというのが一番大きな理由です。
その次は、不動産のことなど計画どうりにうまくいくかの不安。

最初は相手にしてもらえなかったのを、具体的な計画を話したり、物件を探してきたりと説得を重ねること1年間。
最後まで迷っていた父もしぶしぶ動くことになりました(笑)

選んだのは大阪の自宅に似た住宅街です。

新しいアトリエも完成し、さすがに鎌倉は素晴らしいところ、すぐに慣れることが出来ました。
人物画はもちろん、海あり山あり自然いっぱいの湘南で、父は風景を描くこともとても楽しんでいます。

父・母・妹・私・主人 の家族五人二世帯住宅で仲良く暮らしています。

お知らせ
「一枚の絵」4月号(3月20日頃発売)
   画家のアトリエ −池田清明−
      新しいアトリエが紹介されます。
 
   連載中の<池田清明絵画講座>にて
   「江ノ島と富士」の制作過程を掲載します。





at 14:10, 初絵, 家族

-, -, - -

ブーム

今日は、最近の我が家のブームをご紹介いたします。

父の血を引き継いでなかなか手先は器用なのです。

発端は祖母の入院でした。
83歳の祖母が入院しているので、母はここしばらく病院通いをしています。といっても祖母は岡山県で入院しているので、母は岡山と大阪を行ったり来たりです。病院は完全看護で、おばあちゃんに話しかける以外することがないので、たいくつした母は、編み物をはじめました。

先日、母と一緒に祖母の病院に行った私も、つられて編み物をはじめました。

作り出したら、止まらない止まらない。
帰ってきても二人でせっせと編み物をします。
モデルをしていても休憩時間にすぐに続きを編んでしまいます。
母も家事をさっさとすませ、父が絵を描いているその横でずっと編み物をしています。

父は、いきなり訪れた編み物ブームに少々驚きながらも、この度のモチーフは編み物にしてくれました。
以前レース編みをしているところをスケッチしたデッサンが良かったので、そのままの衣装で。
続きが編みたくてそわそわしていた私は大喜びでモデルをしたのでした。

絵の中で編んでいるのは、男の子用のベストです。
2歳の宝君は元気いっぱい。走り回って写真を撮らせてくれません!
「セブンティーン」のモデルをしてくれた佐和子さんの長男宝(たから)くんへのプレゼントです。
ちなみに、佐和子さんのお姉さんは「小百合」などのモデルをしてくれた小百合さん。一番上のお姉さんのつやこさんも何作かモデルになってもらっています。そしてそのお母さんが情の厚い世話好きな大阪のおばちゃんで、私も妹も大好きなのです。「セブンティーン」は1987年の作品ですから、もう20年以上、家族皆で仲良くさせていただいています。

次の写真は佐和子さんの旦那様と長女の祈(いのり)ちゃん。
母が編んでプレゼントしたベストと靴下を着せています。
愛妻家で子煩悩の素敵な旦那様です。

at 20:32, 初絵, 家族

-, -, - -

沙絵子

次女の沙絵子を紹介します。



ここ数年、一水会の発表作はフラメンコがテーマです。
モデルは次女の沙絵子。
大阪芸術大学の日本画学科の大学院を出て、フラメンコダンサーになりました。。。父の血をひき、優秀な成績で美大を卒業しましたが、
今は毎日フラメンコ教室に通っています。
水を得た魚のように目をキラキラさせて。

大きくなったらムツゴロウさんの動物王国に行って働くんだと言っていた、かわいい少女だった沙絵子が、内なる情熱と躍動を体いっぱいで表現するフラメンコにはまり、凛々しい女性に成長しています。
そういえば、小さな小さな頃から、音楽に合わせてふにふにと体を動かすことが大好きだった沙絵子でした。

先日大阪のシアターブラバにて公演がありました。
まだまだ先輩ダンサーたちの後ろで踊る脇役ですが、沙絵子は顔が小さくてなかなか舞台栄えのするプロポーション、とてもかっこよく踊っていました。
モデル中も、休憩時間になると、アトリエにスタジオらしくしつらえた鏡の前でいつも練習していました。
その甲斐あって、ポーズの角度などもばっちり決まっていました。

そういうわけで、しばらくは沙絵子がモデルのフラメンコの連作となるかもしれません。

    
    クリックすると人物画(大作)のページへ

at 22:33, 初絵, 家族

-, -, - -

A Happy Birthday Mom!


 22日は母のお誕生日でした。
お母さん、お誕生日おめでとう!

 どこのお母さんもそうだと思いますが、うちのお母さんも家族が大好きです。私や妹の沙絵子が、何の疑いもなく父のモデルをすることを喜びとするのは、きっと母がつくった"父の絵を応援しよう"という雰囲気の中で育ったからだと思います。
 母は、父の素直でまっすぐな性格を好きになったと言います。父が、のびのびと絵を描いてこられたのは、母が父の絵に対するまっすぐな姿勢を尊敬し、尊重してきたことが、大きいと思います。

写真は家族で、箱根に行ったときの写真。
見晴らしスポットで車を止めて、近くにいたおじさんにシャッターをお願いしたら、ぱぱって撮ってくれました。その時は、まだ用意できてないのにーって思ったけど、とっても自然な素敵な写真でした。
手馴れた様子でさっと表情をつかんでくれたあのおじさんは、ひょっとしてプロの写真家さんだったのかもしれません。






at 06:00, 初絵, 家族

-, -, - -