藤田嗣治レクチャー

藤田嗣治

私のホームページは長女が管理していますがその長女が子育て真っ最中、時間のゆとりがなくホームページの方はお休みがちです。

そこで私、池田清明が初めてブログを書く事になりました。


先日8月30日帝国ホテルで藤田嗣治についてレクチャーを行いました。このイベントは家庭画報の企画です。

丁度今、東京都立美術館で開催されている藤田嗣治没後50年展に合わせて読者の方々に呼びかけたもので、藤田嗣治のレクチャーを聞いてフジタに因んだディナーを味わいながら山形由美さんのフルートと西村正秀さんのギター演奏を聞こうというものです。


話は5ヶ月程前にさかのぼります。
私の留守に家庭画報に勤めている旧知の方から電話がありフジタについての講演を頼まれました。

その時電話に出た長女が私に相談もなく「父はそういうの得意ですよ!」と答えてしまい話が進んで行きました。

しかし私自身はというと・・・
それまで藤田嗣治という画家はもちろん知ってはいたけれど特に興味を持って研究をしたことはありませんでしたので、安々と引き受けてしまった長女を恨みつつフジタ研究に入ったのでした。

 

講演をすることになり始めてフジタに関する資料を集めて勉強しました。

フジタについての解説、作品集、いろいろに取り寄せて読みましたが、一番興味深かったのは藤田自身が執筆した随筆『パリの横顔』です。

旧友であり私の画集の編集も手がけてくれた小林格史さんがこのことを聞いて大切な本を送ってくださいました。

(古い紙の香りがするその本の裏表紙をめくると、“昭和3年発行 1円50銭” とのこと!)

いろいろなテーマについてのフジタの思いや考えを書いたものですが、その中にフジタの心を見、絵に対する意識の高さを感じました。

 

パリで若い頃から一躍有名になったフジタでしたが、その私生活は退廃的で奔放、その自由さの証拠になんと5度も結婚しています。

当時のパリは、マチスやピカソらの新しい芸術の潮流が次々と生まれ、作品の独創性が重んじられる時代でした。

芸術の都パリに憧れて移住してきた異邦人画家(“エコールドパリの画家”と呼ばれる)たちの集まるモンパルナスに身を置いたフジタは、他の画家同様に、自分にしかできない表現を見出します。

 

日本人であるフジタがたどりついたのは、日本画的な油彩表現です。明暗表現で対象を捉える西洋画に対して、輪郭線で絵をつくる日本画風、画材は西洋の油彩と日本の墨。

さらに研究を重ねフジタ独自の絵肌を完成させます。

フジタの死後の研究で、フジタが終生企業秘密にして来た乳白色の絵肌は、キャンバスの下地に硫酸バリウム炭酸カルシウム、果てはシッカロールなどが使われていたこと、そこに油性でありながら水性の墨を受け入れる秘密があったことがわかりました。

 

《タピスリーの裸婦》 フジタ自画像

 

パリで大変な人気を博したフジタでしたが日本ではその芸術性が受け入れられません。

時代は第一次世界大戦から第二次世界大戦へと激動の時代です。

従軍画家としてようやく日本で受け入れられ有名になり、一生懸命に戦争画を描きます。

描写力に優れたフジタの戦争画はその前で人々が涙をながし、お賽銭の山ができたそうです。

しかしその末路は、従軍画家としての戦争責任一切を背負わされ、日本に絶望し、再びフランスへ渡るのでした。

 

フジタの最後の作品は、教会の設計とその壁面を飾る壁画の制作でした。

フジタのファンでパトロンでもあったシャンパン会社の社長の援助のもとその敷地内に教会を作ったのです。

教会に入ると360度、フジタのフレスコ画が描かれています。

そしてその祭壇の下にフジタは最後の妻君代とともに眠っています。

フジタ礼拝堂 - メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド

 

上記のような予備知識を持って上野の都立美術館で開催している藤田嗣治展を見に出かけました。

その上で作品を見ると、細く繊細な面相筆の線に命を感じました。

一枚一枚の絵がその背景を知ることでより深く見えることを実感しました。

 

激動の時代を生き、波乱万丈の人生を生きたフジタ。
しかし、“絵描きとして最高にしあわせな人生であった”というのが私の感想です。

 

渋々引き受けた仕事でしたが、そんな藤田嗣治像を皆さんに紹介する事で展覧会を見る感心が深まればと思いました。


与えられた講演時間30分を10分オーバーしてしまいましたが話したい事の半分も話せず不消化のまま終わり反省の残るレクチャーとなりました。


講演の後帝国ホテルシェフによるフジタに因んだ贅沢なディナーをいただいた後、山形由美さんのフルートとギタリスト西村さんの素晴らしい演奏を聴きました。
それぞれの曲目は山形さんがフジタに因んで選んだもので、山形さんもフジタのことをよく勉強しておられ、演奏の合間のトークでは私が話せなかった事を誠に上手く話して下さいました。
なお私は今までも音楽をテーマに絵を描き「技術に伴った形の美しさがある」と常々申してきましたが、山形さんの美しいメロディーと共に姿の美しさに見惚れていました。
写真はイベント終了後、山形さん西村さんと共に記念写真をお願いして撮ったものです。

左から妻、山形さん、清明、西村さん

 

没後50年 藤田嗣治展

2018年7月31日(火)〜10月8日(月・祝)

東京都美術館

https://www.tobikan.jp/exhibition/2018_foujita.html

 

一水会展も同館にて開催しております。

新作「桃を描く」F100を出品しています。

http://www.ikedaseimei.com/frame-news.htm

2018年9月20日(木)〜10月5日(金)

東京都美術館


at 23:14, 初絵, イベント

-, -, - -

池田清明展(大作展) 笠岡市立竹喬美術館 その2

池田清明展(大作展) 笠岡市立竹喬美術館 その1(過去ログ)は→こちら

笠岡市立竹喬美術館にて開催されている池田清明展、一ヶ月半という長い会期も残すところ10日となりました。
中国地方のみならず遠方からも、多くの方々にご来館いただきありがとうございます。

先日行われたギャラリートークの様子。

展示室A(1990年代の作品について)

第一室は1990年前後の作品です。
モデルさんのこと、製作過程の苦労など、一枚一枚、制作にまつわる思い出から、
構図の話や色の効果など、絵の技法的なことまで、約一時間半のギャラリートーク。

皆さん、「感覚的に描いているのかと思いきや、いろいろなことを考えて絵を描いているのだなぁ。」との感想です。

展示室B(2000年代の作品について)

第二室は2000年代の作品を中心に展示。
私も含め、モデルさんが来ていて、紹介したりと和気あいあいとした雰囲気で進みます。

第一回は250人ほど、第二回は360人ほどの方々が来てくださり、大盛況のうちに終了しました。
最終日には最後のギャラリートーク(池田清明本人による)が行われる予定です。
(※7/5日に竹喬美術館学芸員によるギャラリートークが開催されます。)

こちらは今回の展覧会図録。(サイズ22.3×30.0cm、全111頁、¥1500)
展示作品が全て(約65点)と、一水会・日展・研水会・21世紀展などこれまでに出品した作品を記録的に掲載しています。

竹喬美術館池田清明展 図録





池田清明展
笠岡市立竹喬美術館

住所:岡山県笠岡市六番町1-17
電話:0865-63-3967
入館料:一般800円・高校生500円・小中学生350円

今後のイベント
池田清明来館日 7/8・7/9・7/11・7/12
池田清明によるギャラリートーク 7/12(日)13:30〜14:30 聴講無料(要入館料) 申込不要
竹喬美術館学芸員によるギャラリートーク 7/5(日)13:30〜14:30 聴講無料(要入館料) 申込不要

 

at 07:03, 初絵, 展覧会

-, -, - -

池田清明展(大作展) 笠岡市立竹喬美術館




岡山県笠岡市にある、笠岡市立竹喬美術館で池田清明展が開催されています。
https://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/museum/seimei.html

今回の展覧会は、父のこれまでの画業を振り返る、特別な展覧会。
23才ころに描いた「カブトガニのある静物」を始めに、64才の現在まで約40年間の作品を紹介しています。
「回顧展」というと画家の一生を振り返る展覧会という意味が強いようで、“まだ若いのに”と言われるのですが、実に回顧展と呼ぶにふさわしい内容なのです。

中心となるのは、毎年出品する一水会展と日展の作品(100号〜120号の人物画)です。
そのほか、研水会展出品の人物画小品や、母校に寄付したふるさと風景など65点を展示しています。

竹喬美術館は、父の郷里である笠岡の市立美術館で同郷の小野竹喬の美術館として建設されたものですが、
市立美術館として様々な企画展が開催されています。



今回の池田清明展、何が特別かというと、すでにお嫁入りしてしまって手元を離れた絵を借りてきてまで展示をしてくださっていること。市立美術館の企画展として、大きな予算をかけての展覧会なのです。
竹喬美術館館長の上薗四郎先生(学芸員で小野竹喬の専門家)はじめ、学芸員の徳山亜希子さん他、竹喬美術館にお勤めのみな様のたいへん丁寧な作業の末、日本全国から集めての展示です。
そして一番はやはり、快くお貸しいただいた所有者様方のご協力あってこそ、このような展覧会ができることとなりました。

第一室
第一室



昔の絵も変わらず生き生きとしているのはモデルのみな様が素晴らしかったから。
半数近くの絵のモデルは、父が学校へ勤めていた頃にモデルをしてくださった教え子の方々です。
父はただ、そこに喜んでモデルをしてくれた彼らを、青春まっただ中の若い人を写生しただけと言います。
ほどよい緊張感を持ちつつリラックスしている様子の彼ら。
きっとそこには、絵描きとモデルが協力して制作が進んでいくというような充実した空気が流れていたことと思います。

第二室
第二室
第二室
第二室

一同に並んだ作品の、時代を追っての展示を眺めていますと、絵を中心に生きてきた父の半生が見えます。
一年に二枚の大作。一点、一点、力を尽くした作品たち。
父の努力、母の協力。
そして、小学生の頃から夏休みにはモデルを務めてきた私と妹の沙絵子にとっても、私たちのこれまでの人生です。

第三室
第三室

会期が長いので、多くの方々にお運びいただきたいと思います。

講演会
講演会の様子。たくさんの人で講演室に入りきれません。

池田清明展
笠岡市立竹喬美術館

住所:岡山県笠岡市六番町1-17
電話:0865-63-3967

今後のイベント
上薗四郎館長による講演会「池田清明と現代洋画の人物表現」 6/21(日)13:30〜15:00 聴講無料(要入館料) 要申込
池田清明によるギャラリートーク 6/13(土)・27(土)・7/12(日)13:30〜14:30 聴講無料(要入館料) 申込不要
竹喬美術館学芸員によるギャラリートーク 5/30(日)・7/5(日)13:30〜14:30 聴講無料(要入館料) 申込不要

 
続きを読む >>

at 06:57, 初絵, 展覧会

-, -, - -

昔のモデルさん達

先日、嬉しいメールをいただきました。
父がまだ20代の頃、美術教師をしながら絵を頑張っていた頃の教え子のY君からでした。
池田清明のホームページを見つけて、“先生に書いてもらった絵を大切にしています”と
言葉を書き込んでくださったのです。

お名前のみでメールアドレスがなかったため、お返事ができず、
このブログで父からのメッセージを書かせていただきます。

「うわー!! 嬉しいなあ!Y君、もちろん君のことよく覚えているよ。
もう30年以上前になるな。記録によると昭和55年、私もまだ20代だった。
けっこうしんどい学校だったけれど、今ふりかえると楽しいこともたくさんあった。
放課後、君達のクラブ活動が終わって夜、美術教室でラグビー部の生徒達をよく描いた。
その最初にモデルをしてくれたのがY君だった。
練習後の疲れた時間によく付き合ってくれたな。ありがとう。
真っ黒に日焼けした高校生ラガー、その新鮮な印象がよく表現された、良い絵ができたと思う。(我ながら・・)
堺市展に出品して賞をもらった。あれから、ラグビーシリーズを何作も描いた。
皆勉強は苦手なやんちゃ坊主だったけど、本当にいいヤツばかりだった。
君は今どうしている?もう50になるか、いい歳だな。
当時の友達とはまだ付き合いがあるか?
私のことはHPで見て知ってくれているのだろう。
40年暮らした大阪から鎌倉に引っ越して3年になる。
でも今も絵の関係で月に一回のペースで大阪に通っているよ。
また一度皆に会いたいな。私も忙しくしているけど、大阪に行った時に一緒に飲もうか。」


49歳で教員を退職するまでの25年間、教師をする傍ら、一生懸命に絵を描いてきた父。
それには、長時間モデルにつきあって下さった生徒さん達の支えがあったからこそでした。
皆、描かれることを喜んで、創作意欲を与えてくれる。
当時のことだから、コーヒーとお菓子をふるまったくらいでしょうが・・。
そんな恵まれた人物画家はなかなかいないと思います。
モデルをしてくれた生徒達には感謝してもしきれないと父はよく言っています。


今は娘の私たちがモデルを務めているのでわかるのですが、
絵がうまくいっていない時はとてもイヤ〜な空気。
ましてや、昔は技術的にも未熟なため一枚の絵を仕上げるのには一進一退の苦労があったはず、
モデルの方もそれに付き合って本当に大変だったと思います。

今でも個展が開催されると、懐かしい顔を見せて下さいます。
それは、モデルになった生徒さん達だけでなく美術部の方々や、その家族の皆様まで。
父は、本当にいい人達に囲まれた半生だったんだなとありがたく思います。



 

at 18:15, 初絵, 人物画

-, -, - -

ぬましんストリートギャラリー

(写真をクリックすると大きくなります。)


「商店街で評判になって、地方新聞が取材を申し込んで来られました。
少し早めに来ていただけますか。
こんなにたくさん人が立ち止まって観て下さるのはかつてないほどです。
素晴らしい展覧会をありがとうございます。」

と、アトリエにお電話をいただいたのは、ぬましんストリートギャラリー(沼津信用金庫本店)を観に行く予定にしていた昨日の朝のことでした。

午前中の制作を終えて、早速家族で沼津へ。

毎年夏に制作する展覧会の出品作は、一番力の入る仕事と言える、父にとってはその年の総力の結集です。
その100号以上の大作ばかり11点が一列に勢揃いで、これまたさらに“総力の結集”と言える展覧会となっていました。

一番古いのは1990年の作品で「犬と少女」私が12歳の時、愛犬ゆうと一緒にモデルをした作品です。
一水会賞をいただいた「バレリーナ(舞台衣装)」
日展特選になった「朝の調べ」など受賞作品や、
大作としては最新作で昨年の日展出品作「浴衣」など。



 他にも、工業高校へ勤めていた頃に男の子をモデルにした青春シリーズや
次女の沙絵子がモデルを務めた作品、姉妹の絵。

どの作品もライトを浴びて、我主役と輝いて見えました。
アトリエで見るのとは違います。
やっぱりこうして多くの方々に見てもらってこそ。
また一同に並んだ様子もまさに協演でした。



このストリートギャラリーは沼津信用金庫が地域活性のために行っている社会貢献活動です。
道路に面した壁面を、定期預金のポスターなどでなく、夜もシャッターを閉めてしまうのではなく、
文化活動の場にして社会に貢献するというのはなんと素晴らしいアイデアでしょう。
街角に文化・芸術があるってとても素敵なこと。

担当の溝淵さんは、展覧会を企画し、作家とコンタクトをとり、ポスター作りから展示に至るまですべてをこなします。
歴史・文化・芸術に対して造詣が深く、情熱をもって仕事をしておられます。
そのお人柄ゆえに展覧会も292回を数え、皆さまに喜んでいただいているのだと思います。

ここに飾っている作品は、自信作であり、当時の力・心を尽くした作品です。
池田清明の絵画を堪能していただけるまたとない機会です。
是非ご覧ください。

記念写真を一枚



私のお腹に赤ちゃんがいます。ただいま9ヶ月。




お向かいのレトロなカフェにて懐かしいクリームソーダを注文した父と母。
私もミルクセーキというものを初めて飲みました。
甘くて美味しかった☆


宣伝
月間美術6月号(5/20発売)の表紙に掲載されました。
中にアトリエも紹介されています。


at 18:47, 初絵, 展覧会

-, -, - -

池田清明 大作展

池田清明大作展

展覧会出品作品(100号.120号)合計11点を一同に展覧いたします。


ぬましんストリートギャラリー

http://www.numashin.co.jp/street/292ikeda.htm

(沼津信用金庫ストリートギャラリー企画展)


日時:2012年5月7日(月)〜6月6日(水) 夜10:00までライトアップ

場所:沼津信用金庫本店
    
       〒410-8610 沼津市大手町5-6-16
     
        tel 055-962-5200

      



大作をこれだけの点数並べる展覧会は2001年故郷笠岡でのワコー文化章受賞記念展以来のこと。
かなり迫力のある展覧会になるだろうと楽しみにしています。

先日、沼津信用金庫から担当の溝渕さんと搬入業者さんが鎌倉に来てくださり絵を運んで行かれました。
人物画のみの展覧会は、ストリートギャラリー企画展292回目にして初めてのことのようで、溝渕さんはとても張り切って下さっています。

地域の社会貢献活動として沼津信用金庫が行っている展覧会です。
お近くの方は是非お運びください。

at 13:34, 初絵, 展覧会

-, -, - -

池田清明展 −三越日本橋本店にて−


「ビロードの洋服」F30

2/8(水)から日本橋三越本店にて池田清明展がはじまります。

たくさんの方々にご来場いただき、ご鑑賞いただけることを願っています。



「運河の街」F6


「アンティークハット」F15


人物画・静物画・風景画 約40点余りの作品を展示いたします。
ギャラリートークは11日(土曜日)2時からです。
父の話のあと質問コーナーなどもありますのでご都合よろしい方は是非参加してください。
ギャラリートークにはご都合つかない方も、会場でご質問などお気軽にお声かけください!
池田家みんなでお待ちしております。


展覧会作品の図録がwebでご覧いただけます。

こちらへ(会員登録をしてご覧ください。)→ 「三越アートライブラリー」


「花帽子」F6

*図録を個展会場にてお買い求めいただけます。

at 20:58, 初絵, -

-, -, - -